【北海道観光】あのCMでおなじみ!『のぼりべつクマ牧場』は個性豊かなクマがいっぱい

シェアする(´・(エ)・`)

クマ牧場 「♪の・ぼ・り・べ・つ!といえば・・??」

「♪ク・マ・ぼ・く・じ・ょ・う!!」と、咄嗟に反応してしまうハルです。

先日、私の故郷 北海道にある『のぼりべつクマ牧場』に行ってきました!

小さい頃に来た覚えはあるのですが、今回は十数年ぶりの来訪。

どんなクマさんがいるのか、ワクワクドキドキ♪

今回は、『のぼりべつクマ牧場』の魅力に迫ります!!(`・(エ)・´)ゝ

スポンサーリンク

『のぼりべつクマ牧場』ってどんなところ?

北海道民にはおなじみの陽気なCMで有名

登別クマ牧場といえば、このコマーシャル↓ 北海道では、ド定番のCMです。

「♪の・ぼ・り・べ・つ!といえば、ク・マ・ぼ・く・じ・ょ・う!! KUMABOKUJO!!」

道民ならば、耳にタコができる程よく聞くこのフレーズ。

知らない間に口ずさんでも、必ず誰かが「KUMABOKUJO!!」と呼応してくれるくらい、地元では超有名です。

そんな陽気なCMでお馴染みの『のぼりべつクマ牧場』

昭和33年、温泉で有名な登別市にある四方嶺(通称「クマ山」)の山頂にて開園しました。

当初はエゾヒグマの観察・研究のためでしたが、次第に繁殖・集団飼育にも成功。

現在は100頭以上のヒグマを鑑賞できる、 まさに「くま好きの聖地」ともいえる観光スポットなんです。

なんと、◯◯◯◯の持ち込みで入場料が割引

のぼりべつクマ牧場のぬいぐるみ クマ牧場の入場料金は、ロープウェイ代も含めて大人2,593円、小人1,296円とちょっとお高め。

この値段は、くま愛が試されるところですね…(´-(エ)-`)

とはいえ「少しでもお得に入場したい!!」と思う方。実は、とっておきの裏技があるんです。

のぼりべつクマ牧場では、毎年秋頃に「どんぐり割引」という期間限定のユニークなサービスを実施。

なんと、クマの主食であるどんぐりを持参すると、グラム数によって入場料が割引されるんです。

値段も安くなって、クマさんのご飯にも貢献できるなんて一石二鳥!

お得に入園したいと思っている方は、どんぐりをいっぱい集めて訪れると良いですよ♪(※期間限定の為、ホームページ要確認)

施設名 のぼりべつクマ牧場
住所 〒059-0551
北海道登別市登別温泉町224番地
TEL/FAX (0143)84-2225 / (0143)84-2857
営業時間 季節によって異なる(※ホームページ要確認)
HP http://bearpark.jp/

潜入レポート

まずはロープウェイで山頂へ

のぼりべつクマ牧場の入り口
クマ牧場に行くには、まずロープウェイで山頂へ向かいます。

ふもとの駅から山頂までは全長1260m、所要時間はゴンドラに乗って約7分程度です。
のぼりべつクマ牧場のゴンドラ

冬の期間は、このゴンドラを使って鮭トバ作りもしています↓
鮭トバを作るゴンドラ
干し上がった鮭トバは、くまさん達のエサになるそう。良いもの食べてますね〜。

山頂ではくま界の神セブンがお出迎え

あっという間に山頂に到着。

到着駅に着くと、早速くまさんがお出迎え。
お疲れモードのぬいぐるみ
お疲れモードのくまさん。秋頃に行ったのでハロウィン仕様でした。

イチロー風クマ
イチロー風くまちゃん。 「せっさたくま」と書かれたダジャレTシャツが良い味出してます。

ちょうど、第6回NKB総選挙(N=のぼりべつ, K=くま, B=ぼくじょう)なるイベントの結果が発表されていました。

来場者の人気投票によって決まるこのNKB総選挙。投票対象は、メスグマのみと言うこだわりようです。

こちらが、その総選挙を勝ち抜いた「神セブン」
NKB総選挙の神セブン
なかなか個性的な名前ばかり。媚びすぎないのが逆にカワイイかも。

今年のセンターはニイサに決定!毛の色が白っぽくてキレイなクマですね。

とにもかくにも、山頂に到着。
のぼりべつクマ牧場
いらっしゃいませ〜♪どことなく疲れた様子のくまちゃんコンビ。

いよいよ、牧場内を散策です!

北海道の天気を侮るなかれ!防寒はしっかり◎

のぼりべつクマ牧場 訪れた日は、あいにくの霧模様。

9月だというのに、もの凄い寒さでした。

さすが北海道。 秋口であんなに寒いってことは、冬はもっと寒いんだろうなぁ。

冬に訪れる方は、防寒をしっかりして行くことをオススメします!

のぼりべつクマ牧場
どの写真も霧がかかっていますね。残念…(´-(エ)-`)

気を取り直して、まずはクマさん達にあげる餌を調達するため、クマ用のビスケットと人参を購入。どちらも、100円で売っています。

準備も整い、いざクマ舎へGO!!

「ヒトのオリ」でクマと超接近

最初は、「ヒトのオリ」へ向かいます。

ヒトのオリとは、全面ガラス張りになっていて、その周りをくま達が取り囲むような構造のオリのこと。
ヒトのオリ
どんよりとした天気のせいか、監獄への入り口みたいです。

通路の途中には、クイズなんかもあったり。
ジェイミーヒューレット的なクマジェイミー・ヒューレット的な雰囲気のイラスト。不気味さが際立ちます。

さらに奥へ進むと・・、いました!クマさん!!
ヒトのオリのクマ
ひゃーー、ガラスが曇っててなんだかよくワカラナイーッ!!ヽ(´@(エ)@`)ノ

あいにくの天気で、肝心のクマの写真がボケボケでした(泣)

本来ならば、こんな感じに見えます↓

画像出典:のぼりべつクマ牧場

まさに人間が檻の中に入ったような気分。

これはもう、ガラスの強度を信じるしかありませんね。。

ガラス窓の下の方に見える筒状のポンプで、クマにおやつをあげることも可能。

美味しそうにおやつを食べる姿は微笑ましいのですが、食べ終わった後にじっと見つめられるとドキッとします↓

画像出典:ウォーカープラス

( ´ ・ ( エ ) ・ ` ) ジッ

でも、ガラスをバンバン叩いたりするのかと思ったら、意外に大人しかったのが印象的。

体の大きさには圧倒されますが、動きのダイナミックさはほぼありません。

しかし、時折どこからともなく聞こえてくる「ヴォッ…フッフッ…」という吐息が、背筋を凍らせます…。

寒さなのか恐怖なのか、ブルブル震えてきたのでそそくさと退散しました。。

オスは意外と大人しい?第1牧場はクマ地蔵だらけ

第1牧場 次は、「第1牧場」へ。

第1牧場は、オスのヒグマが鑑賞できるところ。

先程のヒトのオリも、こちらの第1牧場に併設されています。

柵からおやつを投げ入れると、上手にキャッチしてくれるのが見どころ。

第1牧場のオスグマ
カワイイですね〜 ♡

第1牧場のオスグマ
おやつをもらうのに必死!でも、お尻は動かしたくない(´・(エ)・`)

第1牧場のオスグマ
にんじん、きたきた〜っ!

それにしても、オスは気性が荒いと思っていましたが、みんな全然動かず…。

完全に「エサ待ち地蔵」と化していました。

なんかこう、CMみたいに手を振ってくれるのかと期待していたのですが、それすらしてくれません…(´ノ(エ);`)

ちょっと外れたところにおやつが落ちると見向きもしないため、投げる側がうまくコントロールしなければならないという、謎のプレッシャーがかかります。

ちなみに、ヒグマのオスはメスに比べてあまり活発的ではないそう。

5〜7月の発情期にかけては、ボス争いで迫力ある動きが見られるようですよ。

第2牧場は個性豊かなメスグマがいっぱい

第2牧場の看板 次は、「第2牧場」へ。

こちらは、メスのヒグマを鑑賞できるクマ舎。

第1牧場よりも、クマの頭数が多いように感じます。

第2牧場のメスグマ
おやつ欲しさに必死のアピールヽ(´・(エ)・`)ノ

群れのお局様らしきクマが、一番良いポジションでおやつをねだります↓
第2牧場のメスグマ
なんという、ふてぶてしい態度(笑)

第2牧場のメスグマ
一応、手を挙げてくれました。いや〜、すごい体格ですね!!

ちなみに、にんじんをあげようとするとシカトされました(笑)

このクマは、ビスケットしか受け付けないようです。ぐぬぬ…。

一方、こんな可愛いポーズをするサービス精神旺盛なクマも↓
きゃわわわ(´♡(エ)♡`)

手を振りながら、もう片方の手で足を上げています。器用ですね!

メスは、オスより活発で個性豊かな子が多くてビックリ!

みんなおやつをもらうために、必死に作戦を練っているようです。

後ろの方でおこぼれを狙う子もいれば、自分の口を叩いて「ここに投げんだよ!!」と指示してくる子もいました(笑)

見る側としては、第2牧場のクマ達のほうが活発なので楽めるかもしれませんね♪

子グマ牧場では愛くるしい姿をお披露目

子グマ牧場
次は、「子グマ牧場」

ここでは、愛くるしい子供のヒグマを鑑賞できます。

子グマのショー
この日紹介されていたコグマは、「コテツ」と「ダイチ」。

コテツは、この牧場内で産まれた子グマ。一方、ダイチは母親をハンターに撃たれてしまった保護グマだそう。

水槽の中に放たれた魚を、元気に追い回す仕草は見ていてハラハラドキドキ!

狩りはまだまだ未熟な二匹ですが、一生懸命な姿に見ているこちらも笑顔がこぼれました(´^(エ)^`)

子グマはやっぱりカワイイですね〜♡

二匹とも、すくすくと元気に育って欲しいものです^^

博物館でヒグマの歴史を学ぼう

最後は、「ヒグマ博物館」へ。

ここは、ヒグマの剥製や標本が展示されているヒグマ専門の博物館。

ヒグマの歴史や習性、生態などを学べる、くま好きにはとっても興味深い場所です。

なんと、生後1日目から成獣までの世代別剥製が見れるというから驚き!

とにかく、中に入るとクマの剥製だらけです↓
振り向き様のクマの剥製
振り向きざまのクマさん。

威嚇しているクマの剥製
おー、こわっ!

冬眠中のクマの剥製
冬眠の最中のクマでしょうか(´-(エ)-`)zZ

白い毛のクマの剥製

約500点ものヒグマ関連の展示があり、クマだけでなくアイヌ民族とクマの深〜い関係なども学べます。

こんなにクマの剥製を見られるところは、中々ないかもしれませんね。

貴重な体験になりました!

番外編

アヒルの競争
クマ以外に、「アヒルの競争」も開催しています。

レース参加料は200円。 見事1着でゴールするアヒルを的中させることができたら、オリジナルグッズをもらえます。

アヒルの競争中
よ〜い、ドンッ!でスタート!!

私が賭けたアヒルさんは3着。うーん、残念!

このアヒルの競争、私が十数年前に訪れた時もやってたなぁ・・なんて、ちょっと感慨深くもなりました(笑)

最後に、クマ牧場の売店に売っていたありがた〜い言葉が書かれたTシャツ。
クマのTシャツ確かに、その通りですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ヒグマといえば凶暴なイメージもありますが、そのイメージを覆すようなお茶目な一面も見られて大満足!

特にクマの餌やりは、クマ達の個性豊かな一挙一動がとってもキュート。子供も大人も大興奮すること間違いなしです^^

また、資料館では貴重な展示にも触れることができ、クマの知識をさらに深めることができます。

知れば知るほど、クマって本当に不思議な魅力を持つ動物だな〜と気付かされました。

札幌都心部からは少し遠くなりますが、登別に立ち寄った際はぜひ訪れてみてください♪

以上、『のぼりべつクマ牧場』のご紹介でした(´・(エ)・`)

▼こちらの記事もおすすめ

アイヌ民族のクマ撃ちが語る『クマにあったらどうするか』
ちくま文庫から発刊されている『クマにあったらどうするか』。 表紙の可愛らしい親子ぐまに一目惚れ!迷うことなく、購入しました。 ...
スポンサーリンク

シェアする(´・(エ)・`)