【実話】映画『ブラックフット』山で遭難!人喰い熊に襲われるクマパニックムービー


2014年に公開された映画『ブラックフット(原題:Backcountry)』(※日本では劇場未公開)

楽しいはずのキャンプが一転、恐ろしい人喰い熊から逃げ惑うカップルを描いたサバイバルホラー映画です。

パッケージがB級ホラーっぽいのであまり期待していなかったのですが、いざ観てみるとかなりリアリティがあってめちゃくちゃ怖い!!

リアリティ重視、コメディ要素一切なしの「大人のクマ映画」を堪能あれ!

今回は、映画『ブラックフット』のあらすじと感想(※ネタバレあり)を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

『ブラックフット』とは?

あらすじ

熟練のアウトドア派のアレックスとアウトドアには全く慣れていないジェン。都会に住むカップルがカナダの大自然へキャンプに出かける。

しかしそこは雄大で美しい景色と危険が隣り合わせの場所だった。

気の乗らないジェンをどうにか説得して、アレックスは彼女を自然公園の奥にあるお気に入りの場所、小道へと連れて行く。

最初の晩、森の奥地で2人はブラッドと出会う。ブラッドはジェンに色目を使い、2人を尾行しかねない怪しい、高圧的な男だった。

ブラッドをどうにか振り切り、2人は小道へと向かうが、途中で道を誤ってしまう。

アレックスは頑固に道をわかっていると主張するが、3日後、2人の道は完全に途絶えてしまい、広い森の中、絶望的に迷子になってしまう。

食べ物も水もなく、帰り道を探そうと奮闘するが、厳しい環境の中、お互いへの不満が爆発し、関係が悪化してしまう。そしてその時……。

出典:Amazon Prime Video

スタッフ・キャスト

監督 アダム・マクドナルド
出演 ミッシー・ペリグリム
エリック・バルフォー
ジェフ・ループ
製作国 カナダ
公開年 2014年
上映時間 91分

『ブラックフット(原題:Backcountry)』とは、2014年に公開されたカナダのサバイバルホラー映画。

カナダの州立公園で実際に起こったクマの事故を基にした作品です。

日本では劇場未公開の作品ですが、2015年からレンタルが開始。一部のメディアでは『ブラックフット 〜クマ地獄〜』という仰々しいサブタイトルが付けられています(笑)

ちなみに、原題の “Backcountry” とは「僻地、未開の地」という意味。邦題の「ブラックフット」とは、作中に登場する小道の名前を指しています。

感想(ネタバレあり)

「見えない恐怖」が怖い

画像出典:映画『ブラックフット』

冒頭で申し上げた通り、パッケージがあまりにもB級ホラー感が強すぎて、絶対こういう類の映画だと思ったのですが・・(笑)↓


意外や意外。内容はいたって真面目で、かなりシリアスなストーリーの作品です。

映画の冒頭は、カップルがキャンプをしに自然公園へ向かうシーン。

自称・熟練アウトドア派の彼氏(アレックス)とキャンプにあまり乗り気でない彼女(ジェン)が、車中で何気ない会話を交わすところから始まります。

画像出典:映画『ブラックフット』

雑誌の彼氏診断では0点を叩き出し、彼女が聴きたくもないCDを勝手にかけるアレックスは、序盤からすでに中々のウザ男ぶり。

「後々こいつが足を引っ張るんだろうな〜」という前フリがバッチリきいたオープニングです。

ちなみに、アレックスが車の中で陽気に歌っていたのは、カナダ出身のカントリーシンガー Corb Lund(コーブ・ルンド)の “Always Keep An Edge On Your Knife” という曲↓

浮かれ気味の彼氏に呆れ顔だったジェンが突然ノリノリになった直後、ドーンと映し出されるタイトルコールが秀逸。

これから起こる悲劇の前触れがうまく表現されていますね〜。

画像出典:映画『ブラックフット』

自然公園に到着した後も、アレックスが怪我をしたり、不審な男に出くわしたり・・と不吉な事ばかり起こる二人。

そんな嫌〜な空気感に加え、登場しそうで中々その姿を見せないクマの存在に、観てるこちらはハラハラドキドキ!

姿は見えずとも忍び寄るクマの気配、すれ違い始めるカップルの心理描写・・。ジリジリと追い詰められるような展開が、視聴者の不安をさらに煽ってきます。

クマ地獄は後半から!

画像出典:映画『ブラックフット』

前半は終始ハイキング風景とカップルの痴話喧嘩でしたが、後半からは一気に急展開!

ようやく待ちに待った「クマ地獄」がスタート(`・(エ)・´)ゝ

道に迷った二人は、クマの気配に怯えながら森の中を彷徨い歩くことに。

不気味な静寂、見渡す限りどこまでも続く樹海─。

道に迷うまでは壮大で美しかった山の景観も、状況次第でこうも残酷で無慈悲なものに変わってしまうとは・・これが自然の恐ろしいところですね。

画像出典:映画『ブラックフット』

結局二人はクマに襲われ、彼氏のアレックスは死亡。(クマの襲撃シーンについては、記事の後半で詳しく書いています。)

ラスト30分は、樹海に一人残されたジェンの絶望と、いつ現れるかわからないクマの恐怖にひたすら怯える拷問のような時間。正直観ていて息が詰まりそうになりました・・(涙)

最後は、序盤に登場した不審な男に介抱されるという、中々皮肉の効いた終わり方。まぁ、とにかくジェンだけでも助かってよかった〜〜(´T(エ)T`)

カップルの心理描写を丁寧に描いた脚本の良さはもちろん、全編を通して恐怖をアプローチする演出(音楽、撮影技術etc…)が非常に巧かったのが印象的。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を彷彿とさせる手ぶれ風カメラワークも雰囲気抜群でした。

それはそうと、映画を観終わってから気付いたのですが、国内版のパッケージってもろネタバレじゃないですかね・・↓

クマの足元にアレックスの死体…。完全にネタバレです(汗)

ちなみに、こちらは北米版のパッケージ↓

ジェンのみのシンプルなジャケットで、もちろんネタバレなし(当たり前!)

日本の配給会社は、何故こんな余計なことをしたのでしょうかヽ(´@(エ)@`)ノ

こんな男とキャンプに行くな

画像出典:映画『ブラックフット』

この映画、もちろん迫り来る恐ろしいクマにハラハラドキドキする映画ではありますが、ダメ彼氏・アレックスに終始イライラする映画でもあります。

登場直後から、自信過剰で強引、自分の非を認めない・・と少し問題ありげなアレックス。

都会でデートするなら「少しワガママな彼氏♡」ぐらいで済むかもしれませんが、クマが生息する山でキャンプするとなると話は別。

完全にアウトドアを舐めているとしか思えない行為を、次々とやらかしてくれます↓

  • 地図を持たない
  • クマ撃退グッズを持たない
  • 携帯を車に置いてくる
  • 自分の勘だけで山道を進む
  • クマの痕跡を無視する
  • 肝心な時に武器が手元にない

とにかく、危機管理能力ゼロの自惚れ野郎アレックスに、観てるこっちはイライラMAX!!彼氏を信じてついてきたジェンに心から同情してしまいます。

そんなダメ彼氏アレックスですが、クマに襲われ血まみれになりながらも必死で彼女を守ろうとしていた最期は勇敢でしたね。

「彼女にいいとこ見せたい」というちっぽけなプライドが命取りになるとは・・なんとも残酷な結末です。

とにかく、山を舐めた慢心イキり男と一緒にキャンプしちゃダメ!ゼッタイ!!・・が教訓になる映画なのでした。

実話ベースの物語

実はこの作品、全くのフィクションというワケではなく、カナダの自然公園で実際に起きたクマの事故を基に製作されています。

基となった事件の詳細はこちらCBCの記事から抜粋)

2005年、カナダのオンタリオ州にあるミシナイビ湖州立公園でアウトドアを楽しんでいた30代の夫婦ジャクリーン・ペリーさん(妻)とマーク・ジョーダンさん(夫)。

離れた場所にあるキャンプ場で、キャンプやカヤックを楽しんでいたところをクマに襲われました。

妻のペリーさんを森の中へ引きずり込もうとするクマ相手に、夫のマークさんは必死に抵抗。持っていたアーミーナイフで応戦し、自らも傷を負いながらも何とかクマを撃退することに成功しました。

負傷した妻をカヤックに乗せ、近くのキャンプ場に助けを求めたマークさん。二人は無事助け出されましたが、残念ながら重傷を負った妻のペリーさんは亡くなってしまいました。

いや〜、何とも痛ましい事件・・。想像するだけでやりきれない気持ちになってしまいますね。

襲われた奥さんを助けるため、アーミーナイフ一本でクマと闘った旦那さん。クマ相手にあんなちっちゃいナイフで応戦するなんてすごすぎる!

後に、この勇気ある行動が讃えられ、夫のマークさんにスター・オブ・カレッジが授与されました。

※「スター・オブ・カレッジ」とは、危険な状況において勇敢な行為を示した者に与えられるカナダの勲章。

ちなみに、映画では彼氏ではなく彼女の方が助かっており、実際の事故とは若干ストーリーが異なります。

もしかしたら「映画の中だけでも最愛の奥さんが助かる結末にしたかった」という、旦那さんの意図があったのかもしれませんね。


くまの感想(★★☆☆☆)

クマ、全然現れず・・

先程も言及しましたが、タイトルで「クマ地獄」と謳っている割に、肝心のクマが全然登場してきません(笑)

序盤はうだうだとカップルの痴話喧嘩が続き、クマの姿が登場するのはなんと後半を過ぎたあたりから!クマクマパニックを期待していた人には、少し退屈に感じるかもしれませんね。

とはいえ、結構早い段階でクマの痕跡は出現しています。

鋭い爪のある足跡を発見↓

画像出典:映画『ブラックフット』

クマが折ったであろう枝も見つかってます↓

画像出典:映画『ブラックフット』

他にも、不審な物音や食べ残しの死骸といったクマの気配は感じるのですが、肝心の姿は拝めず・・。

観ているこちらは、ただただその見えない恐怖に怯えるだけで映画の前半が終了します。

「主役のはずのクマが全然登場しない」という点は、スピルバーグの名作『ジョーズ』を思い出しました(『ジョーズ』もサメ映画なのにサメが全然登場しないことで有名です。)

チープな襲撃シーン

やっとのことでクマが登場したのは、なんと映画が開始して45分経った頃。

上映時間のちょうど半分すぎたところで、お目当てのクマを登場させるなんて中々ニクい演出です。

記念すべき初登場は、テント越しに映る影↓

画像出典:映画『ブラックフット』

テントの周りをウロウロしながら、鼻を押し付ける仕草がめちゃくちゃ怖い!!クマ独特の「フンッ…ヴフォッ…」という鼻息が恐ろしいです・・。

そして、映画の山場でもあるクマの襲撃シーン。

ここはかなり残酷な映像が流れるので、苦手な人は要注意(※当ブログには、グロい画像は貼っていないのでご安心を。)

テントを開けたら、数メートル先に巨大なクマを発見↓

画像出典:映画『ブラックフット』

一旦ファスナーを閉めて「立ち去ってくれ…」と祈るアレックス。

そして、もう一度恐る恐るテントを開けてみると・・↓

画像出典:映画『ブラックフット』

ち、近付いてきてるーーー!!!ヽ(´@(エ)@`)ノ

唯一の武器である斧はテントの外に置いてしまい、手元にあるのは熊除けスプレーのみでパニクる二人。こんな絶望感、絶対味わいたくないよー!!(´T(エ)T`)

抵抗も虚しく、クマはテントを破って突入。恐怖に怯える二人に対し、鋭い牙を剥き襲い掛かります!!

・・がしかし、この襲撃シーンが妙に安っぽい(´・(エ)・`)

数秒前までは本物のクマを使っていたのに、急に剥製のような作り物感満載のクマが登場。何故かカメラもブレブレになって、何が起こってるのかよくわかりません。

別にリアルな襲撃映像が観たいというワケではありませんが、今までいい感じに登場を引っ張ってきただけあってこのチープ感にはちょっと拍子抜け。

とはいえ、襲われたアレックスの描写がかなりエグいことになっているので(血だらけ、顔の皮ズル剥けなど・・)グロ注意ではあります。

リアルなクマの襲撃シーンといえば、レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇りし者』が有名。一瞬で距離を詰めるクマの攻撃はリアリティ抜群。気になる方は、ぜひ観てみてください!

クマの種類は何?

画像出典:映画『ブラックフット』

映画『ブラックフット』に登場するのは、アメリカクロクマという種類のクマ。

くまのプーさんやテディベアのモデルにもなっており、北アメリカでは最も一般的なクマでもあります。

そんなアメリカクロクマの特徴について調べてみました(`・(エ)・´)ゝ

アメリカクロクマとは?

画像出典:Wikipedia

名称 アメリカクロクマ(又は、アメリカグマ)
体長/体重 1.4〜2.0m/150〜200kg
分布 北アメリカ、カナダ、メキシコ北部
寿命 約30年

通称「ブラックベア」と呼ばれるアメリカクロクマ。黒毛の他に、ブラウンや青色を帯びたもの、ごく稀に白色の個体も存在します。

雑食性ではありますが、植物や果実類を好んで食べる植物食の傾向が強く、獲物を捕食することはほとんどないそう。

そのため、性格は非好戦的で比較的温和とされています。

また、天敵のハイイログマ(通称・グリズリー)から逃げるため、木登りが大の得意です。(ちなみに、グリズリーは木登りが得意ではありません。)

しかし!比較的温厚な性格といえど、やはりクマはクマ。食べ物への執着心はかなり強く、自分の獲物に対して執念深〜い一面もあります。

アメリカクロクマに限らず、クマに出遭ってしまったらどうするべき?!・・ということで、次のセクションではその「クマ対策」について詳しく説明していきます。

映画で学ぶクマ対策

パニックムービーとして楽しめる一方、「山でクマに遭ったらどうするか」も学べるアウトドア教材のような映画『ブラックフット』。

ここでは、自称熟練キャンパーのアレックスとアウトドア初心者ジェンのダメダメな行動を振り返りながら、正しいクマ対策を一緒に学んでいきましょう(`・(エ)・´)ゝ

① クマ対策グッズを所持する

万が一の事態に備えて、熊除けスプレーやホイッスルなどを所持するのがおすすめです。

作中、ジェンは熊除けスプレーを持参していました。スプレーを使用した際もクマがしばらく怯んでいたことから、クマを一時的に追い払う効果は期待できます。

② クマの痕跡を見逃さない

クマの足跡やフンを見つけたら、クマのテリトリーにいるも同然。それ以上無理にアウトドアを強行せず、引き返すのが賢明です。

アレックスはことごとくクマの痕跡を無視していましたね〜。足跡を見つけたあたりで、早めに引き返しておけばよかったのに・・(´-(エ)-`)

③ 食料の管理を厳重にする

クマは非常に鼻が良く、嗅覚が優れている動物。食料や食べ残しなど、匂いのする物はしっかりと管理すること。

本作の場合、血の付いた靴下を干していたため、それに反応してクマが近付いてきたと予測されます。

④ 木に登って逃げない

作中、ジェンが木に登って一夜を過ごしていましたが、これは危険な行為。

先述した通り、アメリカクロクマは木登りが大の得意。人間よりはるかに上手に木に登れます。

ちなみに、日本に広く生息するツキノワグマも木登りが得意なので要注意です。

⑤ 走って逃げない

迫り来るクマ相手に、ジェンは全速力で走って逃げていましたがこれもアウト!

クマは本能的に逃げるものを追う習性があり、時速50kmの速さで走ることもできるので、確実に追いつかれてしまいます。

できれば、背中を見せずゆっくりと後ずさりするのが良いそうです。

・・・いかがでしたでしょうか。とにかく、山に入る時は「クマの生息地に足を踏み入れている」という認識をしっかり持って行動しましょう!

▼こちらの記事もおすすめ

アイヌ民族のクマ撃ちが語る『クマにあったらどうするか』
ちくま文庫から発刊されている『クマにあったらどうするか』。 表紙の可愛らしい親子ぐまに一目惚れ!迷うことなく、購入しました。 ...

視聴方法

最後に、『ブラックフット』の視聴方法をまとめてみました。

動画配信サービス

U-NEXT にて配信中です。(※2021年2月現在)

DVD / Blu-ray

『ブラックフット』のDVDはこちら。ブルーレイの販売はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
クマの登場自体は少なめですが、カップルの心理描写や不安を煽る演出が非常に巧く「大人のくま映画」といった印象。

「いっぱいクマが観たい!」という人には物足りない内容かもしれませんが、サバイバル映画としてはよく出来た作品でした。

また、実話ベースということもあり、リアリティ重視のストーリーは臨場感抜群!

おそらく、この映画を観た直後は山でのアウトドアに消極的になる人が多いかもしれませんね。少なくとも、超インドア派の私は「山になんて絶対行くもんか!!!」と本気で心に誓いました(笑)

『ゆるキャン△』やソロキャンブームの影響で、初心者でも気軽にキャンプをする人が増えてきている昨今。

ぜひ、この映画で山の怖さ・クマの恐ろしさを再確認し、事前準備をきちんとした上でキャンプに挑むようにしましょう!

以上、映画『ブラックフット』のあらすじ・感想でした(´・(エ)・`)

▼こちらの記事もおすすめ

映画『グリズリーマン』クマに憧れ、クマに喰われた男のドキュメンタリー
2005年に公開された映画『グリズリーマン(原題:Grizzly Man)』。(※日本では劇場未公開) クマに憧れ、クマと共に過ご...

シェアする(´・(エ)・`)