くまの陶器が渋かわいい!日本酒『ポンエペレ』は北海道のお土産に超おすすめ

北海道に帰省したときに手に入れたこのお酒。

その名も『ポンエペレ』

木彫り風のデザインがなかなか渋いですよね〜。パッケージのイラストも味わい深いです。

今回は、くまの日本酒『ポンエペレ』を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

『ポンエペレ』とは?

釧路発くまの陶器の日本酒

『ポンエペレ』とは、くまの形をした陶器の日本酒。

製造元は、大正8年に釧路で創業した福司酒造(ふくつかさしゅぞう)

道東の風土を生かした素材を原料に取り入れている、釧路で唯一の酒蔵です。

日本酒の原料である米は、主に北海道産のものを使用。

「日本酒の味を左右する」とも言われる水には、北海道の伏流水を使うなど、徹底したこだわりが感じられます。

まさに、自然豊かな北海道の恵みを生かした酒造りですね!

「ポンエペレ」ってどんな意味?

「ポンエペレ(poneper)」とは、アイヌ語で 「こぐま」 を意味する言葉。

仮名文字表記 ラテン文字表記 意味
エペレ eper 小熊
ポン pon 小さい、少ない

出典:Wikipedia

調べてみると、「エペレ(eper)」自体に「小熊」という意味がすでにあるもよう。

「熊(主にヒグマ)」のことをアイヌ語で「キムンカムイ(kimunkamuy)=  山の神」と呼ぶのに対し、「小熊」には別の呼称があるところが興味深いですね〜。

購入できる場所は?

実店舗

私が購入した場所は、「北海道開拓の村」という郷土資料館の売店。

店内をうろうろしていたら、このかわいいくまさんに出会ってしまい即ゲット♡

北海道にいると、くまのエンカウント率高すぎて困りますね・・。

とはいえ、こんなマイナーな場所でしか購入できないワケではないのでご安心を。

新千歳空港内のお土産ショップで販売しているのを発見。

空港に寄った際は、ぜひチェックしてみてください♪

ネットショッピング

実店舗以外では、福司酒造のオンラインショップでもお取り寄せ可能。

もちろん、楽天AmazonYahoo!ショッピングで購入することもできます。

気になる味は?

くまの頭が◯◯になる?!

ポンエペレ

まず、このくまのお酒。

「どこから飲めばいいのかな〜?」と誰もが疑問に思うはずです。

みなさん、大体予想はついてるとは思いますが・・↓


やっぱり、こうなります。

しかし、驚くのはこれだけではありません。


なんと、くまの顔部分がおちょこになっているのです(´@(エ)@`)!!

これは便利ですね!ちょっとテンション上がってきました!

サラッと飲みやすい辛口タイプ

早速、お酒を注いでみましょう。

ちなみに、瓶のふたはコルクになっているのでワインオープナーがあると便利です。

器が真っ黒なので、色がよくわかりませんね。

気をとり直して、透明なコップでリトライ!

やっと、良い感じに撮れました!

お酒自体の色は、黄色がかった透明色。

匂いはそこまで特徴はなく、普通の日本酒の香りといったところでしょうか。

味は、辛口ですがサラッとした軽やかな舌触りが印象的。

くせがなくとっても飲みやすいです。

くまだけに、鮭とばとの相性も抜群でした(´^(エ)^`)!!


まとめ

いかがでしたでしょうか。
くま好き&お酒好きにはたまらない商品!飲み終わった後は、インテリアとしても飾っておけるのも嬉しいです。

見た目もかわいすぎず、割と渋めな感じなので男性受けも良さそう。

北海道を訪れた際には、ぜひお土産にどうぞ♪

以上、くまの清酒『ポンエペレ』のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)