ツッコミ不在のボケ漫才?2011年版 映画『くまのプーさん』の感想(ネタバレあり)


2011年に公開された『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』

プーさんといえば、今まで何本も映画化されていますが、本作はその中でも最新作。

ウォルト・ディズニー生誕110年を記念して製作され、大きな話題となりました。

今回は、映画『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』のあらすじと感想(※ネタバレあり)を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

あらすじ


舞台は、100エーカーの森。

いつものようにプーがハチミツを探していると、ロバのイーヨーの尻尾がなくなっていることに気付く。

オウルやピグレット達も集まり、イーヨーの尻尾にピッタリの物を探す「イーヨーの尻尾コンテスト」が開催。

優勝賞品のハチミツをかけてみんなが奮闘する中、クリストファー・ロビンが姿を消してしまう。

残された手紙を解読したオウルによると、どうやら「スグモドル」という怪物にさらわれたよう。

プーや仲間たちは、クリストファー・ロビンを助けることができるのか?!

そして、イーヨーの尻尾はどこに?!

映画の感想(※ネタバレあり)

ツッコミ不在?プーたちのボケが炸裂!

お笑いコンビ

この映画、一言で言うならば「ツッコミのいない漫才」

とにかく、登場人物全員がたたみかけるようにボケてきます。

プーは、マイペースでトンチンカンな言動ばかり。オウルは読み間違いだらけで、まさにナイツのネタ状態。

エガちゃん並みのハイテンションなティガーに、「ヒロシです・・」と言わんばかりのネガティブ思考イーヨー、ヘイポー顔負けのビビリキャラ・ピグレットなどなど・・。

そんな濃ゆ〜いキャラクターたちが、こぞってボケ倒すからもう大変ヽ(´@(エ)@`)ノ!!

誰も突っ込まないので、収集がつきません。

特に笑ったのは、ピグレット以外の全員が落とし穴に落ちて脱出を試みるシーン。

観客誰もが「オウル、飛べるじゃん!!」と心の中で突っ込んだと思いますが・・、プーたちはオウルが飛べる事実をスルー(笑)

しかも、さらに全員でボケを上乗せしてくるという、笑い飯並みのダブルボケスタイルを披露。

「吉本新喜劇」顔負けの、磨き抜かれたボケの連携プレーは必見です!

絵本を舞台とした斬新な演出

絵本

本作のオープニングは、クリストファー・ロビンの子供部屋からスタート。

部屋に置いてある『くまのプーさん』の絵本を開くことで、この物語は始まります。

絵本の中で繰り広げられるプーたちのストーリーを、観客がスクリーン越しに読んでいくという設定です。

そのため、絵本のページの描写があるのはもちろん、ナレーションとプーが時折会話をしたり、キャラクターたちが絵本の中を駆け回るシーンも登場。

特に「文字」の演出がとても斬新で印象的。

絵本の中の文章がスライドしたり、文字(アルファベット)がプーたちの世界に降ってきたり・・と、なんとも不思議な世界に迷い込んだ気分が味わえます。

ディズニーらしい歌とダンスは必見


前回ブログでも書きましたが、本作に華を添えている挿入歌が本当に素晴らしい!

▼本作のサウンドトラックの詳細は、こちらの記事をどうぞ

映画『くまのプーさん』の主題歌を歌う 米女優ズーイー・デシャネルの魅力に迫る
2011年に公開された映画『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』。 ウォルト・ディズニー生誕110年を記念...

女優ズーイー・デシャネルが歌う軽快で可愛らしい曲は、メルヘンチックなプーさんの世界観にピッタリ。

ミュージカル調なので、観ているこちらも踊りだしちゃいそうです♪

ちなみに、日本版の予告で流れている曲は、Keane(キーン)の “Somewhere Only We Know”


とても温かみがあって、優しい曲ですね〜。

くまとしての評価(★★★★★)

計算され尽くした完璧な「カワイイ」

くまのプーさん

プーさんのフォルム、動き、表情などなど・・、その計算され尽くした「可愛さ」は、さすがディズニーといったところ。

とにかく、プーの一挙一動が可愛すぎなんですヽ(´♡(エ)♡`)ノ

棚の上のハチミツを取ろうとして、お腹が破れるプー。ピグレットを騙そうとして悪そうな顔をするプー。自分で仕掛けた穴に落ちて頭から壺をかぶるプー。ピグレットの失態を生温かい目で見守るプー・・。

数えだしたらキリがないほど、プーの可愛い仕草が満載♡

てくてく歩く姿だけでも十分可愛いプーに、癒されること間違いなしです^^

ハチミツ中毒のプーが怖い

ハチミツ

全編を通して、ずーーっとお腹が空いているプー。

映画の中盤では、ついに精神崩壊の世界に足を突っ込んでしまいます。

見るもの全てがハチミツに思えてしまうという、重度の幻覚症状に陥るのです。

自分の影や仲間たちまでハチミツのツボに見えるなど、その姿はもはや依存症レベル。

子供が観ればキャッキャと喜びそうな内容ですが、大人からしたらプーは完全にジャン◯ーの部類です(笑)

また、目的(ハチミツ)のためなら、手段を問わないプーも恐ろしい。。

ピグレットを蜂の巣に突っ込ませ、挙げ句の果てに木の棒でその巣を殴るという、冷酷非道な一面も。

幻覚、幻聴、暴力と、すでに依存症の末期状態のプー。リハビリ治療はそう遠くないかも?!

成長したプーの姿に感動

友情

とにかくハチミツが食べたくて、ゾンビのように森中を徘徊していたプー。

オウルの家で、やっとハチミツを見つけ喜んだのも束の間。

なんと、オウルの家の呼び鈴に、みんなで探していたあのイーヨーの尻尾があったのです!

ハチミツか、友情か、苦渋の決断を迫られるプー。

「これまでの流れだったら、絶対友達よりハチミツを選ぶだろうな…」と思った薄汚い私の心とは裏腹に、プーはあっさり友情を選択。

あんなに食べたかったハチミツを我慢して、友達(イーヨー)のために尻尾を届けに行きます。

この映画のテーマでもある “A Very Important To Do(とても大切なこと)”が、何なのかを悟ったプー。

ハチミツよりも大事なことに気付けたプーの成長に、観ている誰もが拍手喝采!

プー、ハチミツ依存症から立ち直れてよかったねヽ(´T(エ)T`)ノ!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最初から最後まで、ボケまくりのプーとその仲間たちには大爆笑。ディズニーならではの、テンポの良いストーリーは、大人も子供も観ていて飽きません。

マイペースでハチミツ中毒だけど、最後はやっぱり「友情」を選んだプーにも感動!見終わってから、なんだか心がポッとあたたまる映画でした。

以上、映画『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』のあらすじと感想でした(´・(エ)・`)

▼こちらの記事もおすすめ

映画『くまのプーさん』の主題歌を歌う 米女優ズーイー・デシャネルの魅力に迫る
2011年に公開された映画『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』。 ウォルト・ディズニー生誕110年を記念...

シェアする(´・(エ)・`)