本を運ぶくま雑貨『CAMERON’S BOOKS(キャメロンズ・ブックス)』が人気なワケとは?

キャメロンズブックス

最近、雑貨屋さんでよく見かけるこのロゴ。

本を運ぶくまのシルエットに、何やら “CAMERON’S BOOKS PORTLAND(キャメロンズ・ブックス)”という文字が書いてあります。

キャメロン? 本? ポートランド? 聞き慣れないワードが並ぶこの雑貨。一体、このくまさんは何者なんでしょうか?

今回は、くまの雑貨『CAMERON’S BOOKS(キャメロンズ・ブックス)』を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

『CAMERON’S BOOKS』とは?

ポートランド発のおしゃれなくま雑貨

キャメロンズブックスの雑貨
画像出典:one’s terrace

『CAMERON’S BOOKS(キャメロンズ・ブックス)』とは、くまの雑貨シリーズ。

本を一生懸命運ぶくまのロゴがトレードマーク↓
CAMERON'S BOOKS
かわいいシルエットですよね〜♡

ポコっと出たお腹と、丸っこいしっぽ。くま好きのツボをついた、なんて秀逸なロゴなんでしょう!!

アメリカの老舗古本屋がオリジナル

実は、このキャメロンズ・ブックス。アメリカに実在する、あるお店のオリジナルブランドなんです。

そのお店というのが、オレゴン州ポートランドに実在する一軒の古本屋『CAMERON’S BOOKS(キャメロンズ・ブックス)』。


画像出典:CAMERONS BOOKS AND MAGAZINES

キャメロンズ・ブックスは、1938年に創業者のロバート・キャメロン氏によって設立。

ヴィンテージものの洋書や雑誌が10万冊以上揃う、地元に愛される歴史の古〜いお店です。

店の外観も、ポートランドの綺麗な街並みによく似合う、歴史ある佇まいが印象的。

・・なるほど。あのくまさんの正体は、こんな素敵なお店から生まれたおしゃれグマだったんですね(`・(エ)・´)!!

店名 Cameron’s Books & Magazines
住所 336 SW 3rd Ave, Portland OR 97204
TEL/FAX (503) 228-2391
営業時間 11:00〜18:00(日曜 11:00〜16:00)
HP https://cameronsbooksandmagazines.wordpress.com/

購入できる場所は?

主に、雑貨屋さんかネットショッピングで購入できます。

私が店頭で見つけたお店は、東急ハンズロフト。キッチン雑貨コーナーに、お弁当箱や水筒などのグッズが販売されていました。

店舗以外では、ロフトのオンラインショップや、楽天AmazonYahoo!ショッピングでも購入可能。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください♪

おすすめ商品の紹介

数あるキャメロンズ・ブックスのグッズから、くま好きの管理人おすすめの商品を厳選!

くま雑貨選びの参考程度にどうぞ♪

重厚感がおしゃれなマグカップ


グリーンのグラデーションカラーが可愛いマグカップ。

重厚感のあるデザインと、キュートなくまのロゴがぴったり!

おしゃれなコーヒータイムになりそう♪

シンプルでスタイリッシュな水筒

「thermo mug(サーモマグ)」とコラボした、ステンレス製水筒。

270mlとスリムなサイズで、持ち運びラクラク♪

「スタイリッシュ」と「キュート」が融合した、持つ人を選ばないデザインです。

▼くまの水筒・マグボトルについては、こちらの記事をどうぞ

おしゃれで可愛い!子供から大人まで使えるくまの水筒・マグボトルおすすめ8選
散歩やピクニックといったアウトドアから、学校やオフィスなどの日常生活でも大活躍する水筒。 そんな水筒に大好きなくまさんが描かれ...

大人可愛いクッションカバー


コットン100%のクッションカバー。

落ち着いたカラーが渋かわいい♡

今流行りの西海岸風インテリアにぴったりなアイテム。

大容量の巾着付きクーラーバッグ


保冷機能付きのクーラーバッグ。

巾着部分のチェック柄がアクセント。持ち手が長いので、肩にかけて持ち運べるのが嬉しい♪

シンプルなデザインに、ワンポイントのロゴが可愛すぎます(`♡(エ)♡´)!!

My CAMERON’S BOOKSグッズ

ちなみに、私が持っているのはこちらの商品↓
キャメロンズブックス
デニム生地のランチバッグと水筒。

サンドウィッチやお菓子など、ちょっとした食事を入れるのに最適♪

水筒は、ランチバッグとカラーを合わせて購入。ネイビーとオレンジのバイカラーに一目惚れしました♡

どちらも、東急ハンズで購入。ネットショッピングで探してみましたが、見つからなかったので紹介できないのが残念です。。

ポートランドってどんなところ?

・・ところで、アメリカの小さな町にある一軒の古本屋さんが、どうして日本で注目されているのか、なんだか不思議ですよね??

どうやらその理由は、「ポートランド」というキーワードに隠されているよう。

では、その気になる「ポートランド」の秘密を少しだけ紐解いてみましょう(`・(エ)・´)ゝ

世界が大注目するホットな街

オレゴン州ポートランド

ポートランドは、アメリカのオレゴン州にある町。ロサンゼルスやサンフランシスコで有名な西海岸に位置しています。

人口は60万人(全米29位)と決して大都市ではありませんが、なんと全米住みたい街ランキングNo.1!

今、世界が大注目している超ホットな街なんです(`・(エ)・´)!!

都会と自然が融合した街

環境先進国のポートランド

ポートランドは、環境に優しい都市ランキングの全米第1位!

全世界で見ても、アイスランドのレイキャビクに続く第2位と、かなりの環境先進都市であることがわかります(`・(エ)・´)

豊かな自然が魅力のポートランドは、都心から少し歩くだけで緑あふれる自然公園があり、森林浴やハイキングなどのアウトドアを楽しめるのもポイント。

また、コンパクトに区画・整備された都市計画によって、商業施設や職場・住宅を都市部に集中させ、歩いて移動できる街が実現。自転車や路面電車で移動できるので、CO2の削減にも貢献しています。

「ローカルファースト」の精神

ローカルファーストの精神

「ローカルファースト」とは、地域のコミュニティを大切にすること。

大型マーケットやチェーン店が少なく、地元に根付いた個人経営のお店が多いのもポートランドの特徴。

毎週末、各地でファーマーズ・マーケットが開催され、地元で収穫したオーガニック野菜や果物を手に入れることができます。

そのため、レストランやカフェでも地元の食材を生かしたメニューが並び、地域密着型のお店がたくさん。

ワイナリー

また、ブルワリー(ビール工場)やワイナリーも多く、美味しい地ビールやワインも楽しめるなど、まさに「地産地消」を体現している街なんです。

食べ物だけでなく、ハンドメイドの雑貨やアクセサリーなどのクラフトワークも盛ん。

とことん、ローカルにこだわる「地元愛」が感じられますね。

クリエイティビティを刺激する街

ポートランドに移住

元々、ポートランドは移民によって成り立った街。

1970年代のヒッピー・ムーブメントにより、多くの若者がサンフランシスコから理想郷を求めポートランドに移住してきました。

そのため、リベラル思考が強く、多様性を受け入れる風土が深く根付いています。

現在、ポートランドのライフスタイルに憧れて移住してくる人は、ITやデザイン・アート関連といったクリエイティブな職業が大半。

フリーランスの活動拠点にしたり、個人経営店を立ち上げたりと、起業しやすい気風がこの街にはあるようです。

特にアートの分野に注力しており、毎週アートイベントを開催するなど、若いアーティスト達が集う活気ある街になりつつあります。

シンプルなライフスタイルを楽しむ

シンプルライフ

最近、日本でも耳にする「ミニマリスト」や「シンプルライフ」というワード。

人それぞれ色んな定義があるとは思いますが、「最小限のモノで暮らす」という考え方。

ポートランドは、そんなライフスタイルを具現化している街でもあります。

欧米で根付いている、大量生産・大量消費社会。それらに反して、「良いものを長く、大切に使う」という考え方を大事にしているのがポートランド流。

こだわりのハンドクラフト製品を生み出したり、DIY精神やローカル思考が根付きやすいのも、このような風潮があるからなんでしょうかね〜。

元々、日本も職人気質の精神を持つモノづくりの国でもあるため、ポートランドとリンクする部分が多いのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
シルエットだけでこんなにも可愛いとは、なんて罪なくまさんなんでしょう!もっともっと、キャメロンズ・ブックスのグッズが欲しくなってしまいました^^

また、ポートランドについて知ることで、この雑貨が日本で注目される理由も垣間見えてきたと思います。

キャメロンズ・ブックス同様、ポートランドの街にもまだまだ注目が集まりそうですね♪

以上、くまの雑貨『CAMERON’S BOOKS(キャメロンズ・ブックス)』のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)