【豆知識】映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”を徹底解明!

シェアする(´・(エ)・`)

ted_three

映画『テッド(原題:ted)』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”、みなさんお聴きになりましたか?

とっても可愛い曲調で、テッドにピッタリな素敵な曲ですよね♡

ところで、この主題歌って誰が歌っているの? 作詞・作曲は誰? どんな歌詞の内容?

今回は、そんな疑問に答えるべく “Everybody Needs A Best Friend”について徹底解明していきます(`・(エ)・´)ゝ

スポンサーリンク

歌手・作詞・作曲について

グラミー賞受賞シンガーが主題歌を担当

ノラ・ジョーンズ
画像出典:Rolling Stone

主題歌を担当しているのは、ニューヨーク出身の歌手Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)

デビューアルバム『Come Away With Me』(’02)でグラミー賞を総なめにした、超有名ジャズシンガーです。

キュートなルックスとは裏腹に、ハスキーな歌声が魅力的♡

捨て曲なしのデビューアルバムは、必聴の一枚です↓

本作では、彼女は主題歌を担当するだけでなく、本人役でカメオ出演も果たしています。

『テッド』の他にも、『トゥーウィーク・ノーティス』(’02)では本人役、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(’07)では主演を務めるなど、女優業も精力的に活動中。

本作にて、テッドが「イスラム系のハーフだっけ?」とかなりきわどいブラックジョークを飛ばしていましたが、実際はインドとアメリカのハーフ。

デビュー当時は、「とんでもない大物が出てきたなぁ」と衝撃を受けたのを覚えています。

それもそのはず、彼女の父親はインドの伝統楽器シタールの世界的奏者であるラヴィ・シャンカールであることが判明!(写真左:ジョージ・ハリスン、右:ラヴィ・シャンカール)

ラヴィ・シャンカール
画像出典:Rolling Stone

あのビートルズに多大な影響を与えた音楽家が父親とはビックリヽ(´@(エ)@`)ノ

やっぱり、血は争えないですね〜。

ディスコソングのヒットメーカーが作曲

作曲を手掛けたのは、ニューヨーク出身の作曲家 Walter Murphy(ウォルター・マーフィー)

1970年代に、ベートーベンの『交響曲第5番「運命」』をディスコ調にアレンジした『運命’76』で大ヒットした作曲家です。

映画『サタデー・ナイトフィーバー』(’77)で、ご存知の方も多いかもしれませんね。

日本ではあまり知られていませんが、アメリカの人気TV番組の楽曲を手掛けるなど、アメリカではかなり有名な方です。

セス・マクファーレン監督の作品にも多く携わっており、人気アニメ『ファミリーガイ』ではテーマソングも作曲。

本作『テッド』でも、ほとんどのサウンドトラックを担当するなど、セス監督と相性抜群のようです!

『テッド』の監督自身が作詞を担当

セス・マクファーレン監督
画像出典:Wikipedia

なんとこの曲、『テッド』の監督でもあり、テッド自身の声優も務めているセス・マクファーレンが作詞を担当しています。

歌詞は、タイトルの “Everybody Needs A Best Friend”(= “誰もが親友を必要としている”)からもわかるように、「友情」をテーマにした中々深〜い内容。

▼“Everybody Needs A Best Friend”の歌詞/対訳は、こちらの記事をどうぞ

映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”の歌詞・和訳を大公開!
みなさん、映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”の歌詞が、どんな内容かご存知でしょう...

テッドとジョンのように、年を取っても一緒にバカやったり、本気でケンカしてぶつかったりしながらも、いつもお互いを思いやっている関係って素晴らしいですよね^^

一見すると、『テッド』はダメな中年テディベアの下ネタ映画と思われがち。

しかし、この曲を聴けば、実は真の友情映画であることにきっと気付くハズです(´・(エ)・`)!!

豆知識

第85回アカデミー歌曲賞にノミネート

アカデミー賞授賞式のテッド
画像出典:YouTube

2013年に開催された第85回アカデミー賞にて、なんと“Everybody Needs A Best Friend”が歌曲賞にノミネートされました。

授賞式では、本作の監督であるセス・マクファーレンが司会を担当。

さらに、ジョン役のマーク・ウォールバーグとテッド本人(CG)がプレゼンターを務めるなど、テッド満載の内容で大盛り上がり!

その動画がこちら↓


アカデミー賞の舞台でも、テッド節炸裂です(笑)

ノラ・ジョーンズによる歌のパフォーマンスも、もちろんあり!すごく緊張していたのか、何だかぎこちない歌い方だったのを覚えています。

受賞結果は、『007 スカイフォール』の主題歌(アデルの “Skyfall”)が受賞。

残念ながら受賞は逃してしまいましたが、まぁアデルが相手では仕方なかったですね・・。

映画のオープニングとちょっと違う?

映画『テッド』のオープニング映像と、主題歌のミュージックビデオの映像。

一見すると、全く同じ内容に見えるかもしれません。

しかし、じっくり見比べてみると、実はほんの少し映像が違うんです!!

・・・と熱く語られても、何度も繰り返し『テッド』を観ているようなテッドフリークの人しか気付かないと思いますので、実際の映像を観て違いを探してみましょう!

こちらが、ミュージックビデオ↓

おわかりいただけたでしょうか?(´・(エ)・`)

大体の映像は、映画のオープニングとほぼ同じ内容。

ジョンとテッドの出会い

二人の少年時代の思い出

ジョンとロリーの関係

現在の三人の様子

・・が、時系列で流れています。

しかし、目を凝らしてよーーく探してみると、映画のオープニングでは全く使われていない映像がいくつかあるんです!

その未公開映像がコチラ↓

  • テッドとジョンが、海でシュノーケルを付けている写真
  • テッドとジョンが、誕生日会でケーキを囲んでいる写真
  • テッドとジョンが、車の前でかっこつけている写真
  • テッド、ジョン、ロリーが、アイスクリームを食べている写真
  • ジョンとロリーが、大きなテディベアを抱いて、テッドが嫉妬している写真
  • ジョン、テッド、ロリーが、一緒に映画を観ながらびっくりする映像

なんとミュージックビデオには、こんなに未公開映像が含まれていたんです!

何だか、とっても得した気分になりませんか(´@(エ)@`)!?

個人的には、テディベアに嫉妬しているテッドが、たまらなく可愛いくて好き♡

ジョンとテッドの絆がどれだけ深いかがわかる、素敵なミュージックビデオでした。

テッドとノラ・ジョーンズがピアノ共演

「あのモフモフの手で、どうやってピアノを弾くの?!」と思った方。

安心してください。映像を見てもらえば、わかります( ´-(エ)-`)ウンウン

動画はコチラ↓

テッド(の着ぐるみを着た人)とノラ・ジョーンズが、連弾で主題歌を披露しているんです。

少しアレンジを効かせた歌い方も、味があってとっても素敵♪

撮影している場所がどこなのか気になりますが・・、何だかとってもあったかい気持ちになりますね!

それにしても、こんなにテッドに貢献してくれるノラ・ジョーンズ。

実は大のくま好きなんじゃないかと、淡い期待を持ってしまいました(´♡(エ)♡`)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
スタンダード・ジャズ調で、クラシカルな雰囲気が魅力的なこの曲。

ノラ・ジョーンズの軽快な歌い方と「友情」をテーマにした歌詞が、可愛いテッドにピッタリな主題歌でした。

以上、映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”のご紹介でした(´・(エ)・`)

▼こちらの記事もおすすめ

【全曲紹介】映画『テッド』の挿入歌・BGMを大公開!
喋って動くクマのぬいぐるみが、可愛すぎると大評判の映画『テッド(原題:ted)』。 しかし、この映画カワイイだけの内容ではない...
スポンサーリンク

シェアする(´・(エ)・`)