テッドの替え歌が過激すぎ!映画『テッド2』で披露した替え歌(歌詞・和訳)を紹介

映画『テッド2(原題:ted2)』で、見事な替え歌を披露しているテッド。

そのセンスある歌詞には脱帽もの!あいかわらず、放送コードギリギリの内容です(笑)

今回は、そんなテッドの替え歌(歌詞・和訳)を紹介していきます(`・(エ)・´)ゝ

“Law & Order”の替え歌

人気海外ドラマのテーマ曲を大胆アレンジ

テッドとジョンがソファでくつろぎながら観ていたのが、アメリカの人気法廷ドラマ『Law & Order(ロー・アンド・オーダー)』

そのオープニング曲に、テッドが何やら怪しい歌詞をつけて披露しています。

元ネタの曲はコチラ↓

元々の楽曲自体がインストゥルメンタルのため、歌詞はありません。

すごく独特なベースラインが印象的な一曲。テッドが勝手に歌詞をつけたくなる気持ちも納得です(´-(エ)-`)

肝心の歌詞の内容は、「♪裁判所へ行こう〜」と真面目な内容かと思いきや・・。

最終的には、廊下を颯爽と歩く弁護士軍団を「クズ軍団」とコケにしている所がテッドらしいですね(笑)

歌詞/和訳

テッド:

Let’s all go to court.
みんなで裁判所へ行こう

Let’s go make some law now. Yeah, yeah, yeah, yeah.
(さぁ 裁きを下そう)

Some law now.
(今こそ裁きを)

I say we go to court!
(裁判所へ行こう!)

ジョン:

Yes, let’s go to court!
(さぁ 一緒に裁判所へ行こう!)

テッド:

We’re a bunch of assholes who take up a whole hallway with our conversation.
(俺たち 廊下を占拠するクズ集団)

Hey, you lawyers guys.
(おい 弁護士ども)

You don’t know me and Johnny are watching you, while we’re high.
(俺とジョンが見てんだぞ、ハイの状態でね)

“Ride Wit Me”の替え歌

ネリーの名曲を過激にアレンジ

テッドとジョン、サマンサがニューヨークへ向かう車中で歌っていた曲。

黒人ラッパー Nelly(ネリー)の名曲 “Ride Wit Me”です。

元ネタの曲はコチラ↓

サビ部分などで放送禁止用語が使われているため、ミュージック・ビデオ内では一部の歌詞がミュートになっています。

そのため、初めて聴いた方は「???」となるかもしれません。

「金」「女」「ドラッグ」をテーマに歌ったこの曲は、テッドのイメージにあまりにもピッタリ。映画館で流れた時は、爆笑ものでした!

歌詞/和訳

テッド:

If you wanna sit there with a pie of meat, just f**k your own brother in the front seat.
(お前の好みはホモ野郎 助手席で一発やろう)

Oh, why can’t you just say please?
(なぜお願いしない?)

Hey! Must be the money!
(だって金持ちだからさ!)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
テッドのユーモアある替え歌、なかなかセンスありますよね。『テッド2』を見直した際は、テッドと一緒に歌ってみましょう!Hey! Must be the money〜♪

▼映画『テッド2』の挿入歌・BGMのまとめは、こちらの記事をどうぞ

【全曲紹介】映画『テッド2』の挿入歌・BGMを大公開!
今回紹介するのは、映画『テッド2(原題:ted2)』で使われた挿入歌・BGM。 前作『テッド』同様、本作もアメリカのサブカルチ...

以上、映画『テッド2』の替え歌(歌詞・和訳)のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)