不気味なくまフェイス!変態DJ Aphex Twin “Donkey Rhubarb” のPVがカオスすぎる

今回紹介するミュージックビデオは、Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)の “Donkey Rhubarb”

イギリスの天才DJのPVに、カラフルなくまのぬいぐるみが登場しているのですが・・。

そのなんとも不気味な姿に、度肝を抜かれました!

ミュージックビデオの紹介

まずは、ミュージックビデオをどうぞ↓

ホラーすぎるテディベア

Donkey Rhubarb

オレンジ、グリーン、イエローのカラフルなくまの着ぐるみ達が登場。

ノリノリで踊ったり、子供達と仲良く戯れたり・・と、なんだか楽しそうな雰囲気です。

一見すると、ほのぼのとして微笑ましく見えるこのミュージックビデオ。

しかし、よーく見ると・・。

ゥヒャアァァヽ(´@(エ)@`)ノ なんと、くまの顔が人間の顔になっています!!

しかも、何だかおぞましい笑みを浮かべた男性の顔…。一体、このくまは何者なんでしょうか??

不気味な顔は一体誰?

この不気味な顔の持ち主。なんと、曲を作った張本人でもある Aphex Twinの顔というからビックリ!

でも、どうして自分の顔(しかもヘン顔)をテディベアの顔にしているのでしょう?

実は、彼は元々「顔芸」がお得意なアーティスト。今までも、自分の顔をネタにしたCDジャケットをいくつも輩出しています。

例えば、こんなジャケットとか↓

ヒィィィ、恐いっ!!ヾ(`T(エ)T´)ノ

無邪気な子供たちの顔が・・↓

こ、こっち見んなっ!

セクシー美女との謎の合成↓

良いスマイルなんですが、なんか胸がざわざわする・・。

ちなみに、今回のPVの元ネタとなった顔はコレ↓

いや、目が全然笑ってません…。

真相は不明ですが、とにかく自分の「ヘン顔」を前面に押し出したい Aphex Twin。

ちょっと常人にはわからない世界観かもしれません。。笑

Aphex Twinってどんな人?

天才と変態は紙一重!?

Aphex Twin
画像出典:Rolling Stone

Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)は、イギリス出身のDJ。本名は、リチャード・D・ジェイムス。

テクノ、エレクトロニカからアンビエントまで、幅広いジャンルの音楽を得意とする超多彩なミュージシャンです。

フジロックのトリを務めるなど、日本でも圧倒的な人気を誇る彼ですが、数々の伝説を残す「変人」としても有名。

先ほど紹介した顔芸にとどまらず、自分の嫌いな楽曲しかリミックスしなかったり、レーベルの契約金で戦車を買ったり・・と、まさに「天才と変態は紙一重」の言葉を体現したようなアーティスト。

・・というか、普通の表情だと結構イケメンなのに、なぜ不気味な顔をするんでしょうか。

うーーん、エイフェックス・ツインの謎は深まるばかり。まぁ、そんな謎めいたところが魅力の一つかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
くまのフォルムだけ見るととっても可愛いのですが、いかんせん顔が恐ろしい!夢に出てきそうなエイフェックス・ツインの笑顔が印象的なPVでした。

ついつい彼の顔ネタに注目しがちですが・・、彼の音楽性もまたアルバムごとに違う「顔」を見せているので必聴ですよ♪

以上、Aphex Twin “Donkey Rhubarb”のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)