【全曲紹介】映画『テッド』の挿入歌・BGMを大公開!

ted_face

喋って動くクマのぬいぐるみが、可愛すぎると大評判の映画『テッド(原題:ted)』

しかし、この映画カワイイだけの内容ではないんです(`・(エ)・´)!!

実は、海外のサブカルチャーや音楽をネタにしているのがほとんど。アメリカ文化に詳しくないと、中々笑えないシーンがいっぱいあります。

そこで、『テッド』をよりいっそう楽しむために、本作で流れる挿入歌やBGMをまとめてみました。

海外のアニメやドラマの曲が結構使われているので、興味を持って調べてみるともっと面白いかもしれませんよ。

挿入歌・BGMは時系列順に並べているので、それぞれのシーンを思い浮かべながら聴いてみてください(`・(エ)・´)ゝ

挿入歌・BGM

Norah Jones – “Everybody Needs A Best Friend”

本作のオープニングで流れる曲。


ニューヨーク出身のジャズシンガー、Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)がオープニング曲を飾っています。

とってもキュートな歌詞と、クラシカルな曲調が絶妙にマッチした良曲!

ノラ・ジョーンズは、本作にカメオ出演もしています。

▼歌詞の和訳が知りたい方は、こちらをどうぞ

映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”の歌詞・和訳を大公開!
みなさん、映画『テッド』の主題歌 “Everybody Needs A Best Friend”の歌詞が、どんな内容かご存知でしょう...

Queen – “Flash”

テッドとジョンが観ていたテレビから流れる曲。


本作でも何度も登場する、映画『フラッシュ・ゴードン』の主題歌。

『フラッシュ・ゴードン』は、元々はアメリカの新聞などに掲載される漫画でしたが、1980年に映画化されB級映画として大ヒット。

その際、サウンドトラックの全てをイギリスのロックバンド Queen(クイーン)が担当しました。

Ted & John – “Thunder Buddy Song”

雷に怯えるテッドとジョンが、奮起するために一緒に歌う歌。


本作のオリジナルソング。

幼い頃から雷が苦手だったテッドとジョンは、お互いを「雷兄弟(Thunder Buddies)」と呼び、雷が落ちる度にこの歌を歌っています。

テッドがベッドに駆け寄ってくる姿が、とってもキュートですね。隣で寝ているロリーの呆れ顔も印象的。

Chris Brown – “Kiss Kiss ft. T-Pain”

回想シーンにて、ジョンとロリーが出会ったクラブのフロアで流れていた曲。


歌って踊れるシンガー、Chris Brown(クリス・ブラウン)のアッパーなダンスチューン。

「♪Kiss kiss kiss…」と繰り返されるフレーズが耳に残りますね。

近年は、元恋人への暴行事件などプライベートで話題になることも多いですが、マイケル・ジャクソンに憧れていただけあって、彼の歌唱力とダンスはかなりの実力です。

Bee Gees – “Stayin’ Alive”

またまた回想シーンにて、ジョンとロリーのダンスシーンで流れる曲。


Bee Gees(ビージーズ)は、イギリス出身のロックバンド。

なんとメンバー全員が血の繋がった兄弟という驚きの構成です。

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』にて、多くの曲を提供したことで人気を博し、ディスコサウンドブームの火付け役となりました。

STAR WARS – “The Imperial March (Darth Vader’s Theme)”

ジョンの携帯の着信音(恋人・ロリーからの着信音)。


誰もが知っている映画『スター・ウォーズ』の悪役、ダース・ベーダーのテーマ曲。

こんなダークな曲を恋人からの着信音にしているなんて、ジョンとロリーの主従関係がなんとなくわかりますね(笑)

Nursery Rhymes – “I Love Sixpence“

熱狂的なテッドファンのドニーに話しかけられた公園にて、ジョンがテッドをからかいながら歌う童謡。

Nursery Rhymes(ナーサリー・ライム)とは、日本でいう童謡のこと。

ジョンは、

♪Oh, my little sixpence, my pretty little sixpence. I love sixpence better than my life.
(僕の大切な6ペンス、僕の可愛い6ペンス、僕の命より大切な6ペンス)

と歌っています。

Knight Rider – “Theme Song”

ジョンの携帯の着信音(テッドからの着信音)。


80年代に放送された、アメリカの特撮テレビドラマ『ナイトライダー』の主題歌。

人工知能K.I.T.T.を搭載したドリーム・カー「ナイト2000」と共に、主人公が様々な事件を解決していくこのドラマは、日本でも大人気のドラマでした。

Queen – “Football Fight”

ジョンが変態上司レックス宅のパーティーから抜け出し、テッドに会いに行くシーンのBGM。


こちらの曲も、映画『フラッシュ・ゴードン』のサウンドトラックからの一曲。

先程紹介した“Flash“と同じく、クイーンが作曲したインストゥルメンタルになります。

疾走感溢れるシンセサイザーの音が印象的。

Hootie And The Blowfish – “Only Wanna Be With You”

テッドの自宅パーティーにて、テッドがカラオケで熱唱していた歌。


90年代に活躍したアメリカのロックバンド、Hootie And The Blowfish(フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ)

グラミー賞の新人賞を獲得したこともある実力派バンド。

実際の曲を聴いてみると分かりますが、テッドのモノマネそのまんまの歌声で思わず笑ってしまいます(笑)

Pink Floyd – “Another Brick In The Wall, Part II”

ジョンが宿泊するホテルにて、テッドがジョンを説得する際に口ずさんだ曲。


イギリス出身の超人気ロックバンド、Pink Floyd(ピンク・フロイド)の歌詞から引用。

この曲は学校教育への反発を暗示しているとされ、当時放送禁止になりましたが、皮肉にも英米ではヒットチャート1位に輝きました。

How can you have any pudding, if you don’t eat yer meat?
(肉を食わないとプリンはおあずけ)

という台詞が、曲の最後の方に使われています。

Norah Jones – “Come Away With Me”

野外ライブにて、ノラ・ジョーンズがギターを弾きながら歌っていた曲。


本作でオープニング曲も担当し、カメオ出演も果たしているNorah Jones(ノラ・ジョーンズ)

この曲は、自身のファーストアルバムにも収録され、そのアルバムタイトルにもなっている大ヒット曲です。

ゆったりとした曲調に、彼女の魅力的なハスキーボイスが心地良いですよね。

Rita Coolidge – “All Time High”

野外ライブにて、ジョンがロリーのために捧げた歌。


83年に公開された映画『007 オクトパシー』の主題歌。

インディアンの血を引くアメリカ人のシンガー、Rita Coolidge(リタ・クーリッジ)が歌っています。

ジョー・コッカーのバックコーラスを担当するなど、実力派シンガー。現在は、日本人の方と結婚なさっているそうです。

Tiffany – “I Think We’re Alone Now”

テッドを誘拐したドニーが、テレビの前でノリノリで踊っていた曲。


80年代の実力派シンガー、Tiffany(ティファニー)の大ヒット曲。邦題は『ふたりの世界』。

ビートルズの曲をカバーするなど、当時絶大な人気を誇るアイドルでした。

Queen – “The Hero”

ジョンとロリーの結婚式にて、テッドとサム・ジョーンズがフラッシュ・ジャンプで締めくくるシーンでかかる曲。


こちらの曲も、映画『フラッシュ・ゴードン』のサウンドトラックからの一曲。

本作では、エンディング曲として使われていました。

『フラッシュ・ゴードン』のサウンドトラックの中で、冒頭で紹介した“Flash”とこの“The Hero”だけが、フレディ・マーキュリーの歌声を聴くことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ポピュラーな曲から、日本ではあまり馴染みのない曲まで、幅広いジャンルの音楽が使われていましたね。

これを踏まえて、もう一度『テッド』を観直してみると、より一層楽しめると思いますよ!

▼『テッド2』の挿入歌・BGMを知りたい方は、コチラをどうぞ

【全曲紹介】映画『テッド2』の挿入歌・BGMを大公開!
今回紹介するのは、映画『テッド2(原題:ted2)』で使われた挿入歌・BGM。 前作『テッド』同様、本作もアメリカのサブカルチ...

以上、映画『テッド』の挿入歌・BGMのまとめでした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)