アニメ

まるでミニオン?くまとねずみのコメディアニメ『グリジーとレミングス』

フランス発!くまとねずみのコメディアニメ『グリジーとレミングス(原題:GRIZZY & THE  LEMMINGS)』

日本ではまだまだ知名度が低いですが、近年サブスク解禁となりじわじわと人気が高まっているフルCG作品です。

今回は、フランスのコメディアニメ『グリジーとレミングス』を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

『グリジーとレミングス』とは?

フランス発のフルCGアニメ

グリジーとレミングス

画像出典:カートゥーンネットワーク

『グリジーとレミングス(原題:GRIZZY & THE LEMMINGS)』とは、2015年からフランスで放送されているCGアニメ。(※フランス語の題名は『Grizzy et les Lemmings』)

日本を始め世界30ヶ国以上で放送されており、2019年にはシーズン3の続編制作も決定している人気作品です。

あらすじはこちら↓

一般的にクマは大きくて、強くて、賢い(グリジーが賢いか・・・はさておき)。
こんな強みを持つクマにあえて挑む動物はフツーはいない。
怒る気にもならないおバカを仕掛けるネズミ集団の…レミングス以外は!
エンドレスなイタズラ合戦を繰り広げる一頭のクマとネズミ達のフランス発コメディーショー。

出典:カートゥーンネットワーク

クマの「グリジー」とネズミの「レミングス」が繰り広げるセリフのないドタバタ劇が、フルCGで描かれた7分間のショートアニメ。

まるで『トムとジェリー』を彷彿とさせるような、クスッと笑えるユーモアたっぷりのコメディ作品です。

登場キャラクターは?

『グリジーとレミングス』に登場する主要キャラクターを紹介していきましょう。

※セリフがないアニメの為、基本的に名前という概念はなく、あくまで名称になります。

グリジー
グリジー

画像出典:YouTube

茶色い体とポコっとでたお腹が特徴のクマ。

カナダにある森林警備隊の小屋に住み着き、のんびり気ままに暮らしている。

大好物は “Yummy XL” というチョコレートスプレッド(ヌテラにそっくり!)とサーモン。

決して鈍臭いというわけではなく、レミングスが仕掛ける様々なイタズラの打開策をすぐに思いつく賢さも持ち合わせている。

レミングス
レミングス

画像出典:YouTube

全員同じ見た目のイタズラ好きなネズミ。

グリジーと同じく、森林警備隊の小屋に住み着いている。ネコとネズミのテレビ番組を観るのが好き。

明確な言語は話せないが、独特な鳴き声(言葉?)で意思疎通をしている。

一見利口そうに見えて、実は意外とおバカキャラ。

メスのクマ

画像出典:YouTube

近所の森に住むメスのクマ。胸にハート型の模様がある。

グリジーから好意を持たれているが、彼女自身はグリジーに対してほとんど興味がない。

ムース

画像出典:YouTube

同じく、近所の森に住むムース。草を食べる以外、特に何もしない。

好物はニンジン。しばしばレミングスたちに、ニンジンを鼻先に吊るされて遊ばれている。

ラクーン
ラクーン

画像出典:YouTube

アライグマ。

ゴミ箱を漁っていることが多く、体中ダニなどで汚れている。動きは機敏で、よく鼻が効く。

 

アニメの見どころは?

おバカすぎるドタバタ劇

クマとネズミのドタバタコメディが描かれた『グリジーとレミングス』。

ドタバタコメディと聞くと『トムとジェリー』のような頭脳戦を思い浮かべるかもしれませんが・・。

本作は良い意味で「もっとおバカでくだらないバトル」が盛りだくさん(´・(エ)・`)

まずは、総編集動画をご覧ください↓

どうでしょう。想像以上におバカじゃありませんか??(褒め言葉)

DIYアイディア満載のしょうもないイタズラ合戦に、迫力満点のおバカなレースアクション。

テンポの良いストーリー展開とスピード感のあるCGアニメーションで、次々に繰り出される笑いのコンボは爽快!

AIロボットやドローンなど最新機器を駆使したバトルも、現代っぽさがあって新鮮味があります。

120%くだらないのについつい笑ってしまうおバカすぎる掛け合いに、いつのまにか虜になっているかもしれません!

お決まりの「落下オチ」

7分間という短いCGアニメーションの『グリジーとレミングス』。

実は「どのエピソードも毎回同じようなストーリー展開とオチがある」という特徴があります。

大まかなストーリーの流れはこんな感じ↓

① グリジーがくつろいでいる
くつろぐグリジー

画像出典:YouTube

森林警備隊の家に勝手に住み着き、悠々自適にくつろぐグリジー。

② レミングスがイタズラを仕掛ける
イタズラをするレミングス

画像出典:YouTube

そんなグリジーの静かな日常を壊すレミングス。

大音量で音楽をかけたり、ソファーでジャンプして遊んだり・・と、しょうもないイタズラを仕掛けてきます。

③ グリジーが怒って仕返しをする
レミングスをやっつけるグリジー

画像出典:YouTube

負けてばかりいられないグリジー。知恵を絞ってレミングスを撃退しようとしますが、一進一退の攻防でなかなか勝負がつかず。

そこで、彼らが選んだ決着の付け方とは・・。

④ 急な坂道で追いかけっこをする
道路でバトルするグリジーとレミングス

画像出典:YouTube

なんやかんやイタズラ合戦をした後、何故か唐突に坂道に繰り出しレーシングを始めるグリジーとレミングス。

ストーリーの終盤になると必ずと言っていいほど「坂道で追いかけっこする」というのが、この作品の定説のようです(笑)

そして、坂道を猛スピードで下る彼らを待ち受けるのはもちろん・・。

⑤ 落下する
崖から落ちるグリジーとレミングス

画像出典:YouTube

大体の方が予想できたかと思いますが・・落ちます(笑)

崖、空、風船、ミサイル、ロープウェー・・とにかくラストは大体高いところから落ちていくグリジーとレミングス。

毎回シチュエーションが異なる、バリエーション豊かな「落下オチ」は必見です。

 

・・というように、どのエピソードも構成自体は大体同じような流れなのですが、不思議なことに全く飽きずに楽しめてしまうのが魅力の一つ。

オチはわかっているはずのに「今回はどうやって落ちるのかな〜」とワクワクしてしまう自分がいます(笑)

また、グリジーとレミングスのバトルのほとんどが喧嘩両成敗で終わるところもポイント。

なんだかんだケンカしつつ、毎回仲良く崖から落ちていく彼らの姿をお見逃しなく!

レミングスのモデルは?

レミングス

画像出典:YouTube

『グリジーとレミングス』の盛り上げ役を担うネズミのレミングス。

遊ぶのが大好きなところやちょっと間抜けなところなど、『怪盗グルー』シリーズに登場するミニオンを思い浮かべる方も多いでしょう↓

特に、レミングスの喋り方はミニオンそっくり!動画を見て、聴き比べて見ると・・。

こちらが、レミングス↓

そして、ミニオン↓

ミニオンの方がやや低めの声ですが、これは激似ですね・・(笑)レミングスのモデルになったかどうかは定かではありませんが、意識はしてそうな気がします。

ちなみに「レミング(Lemming)」とは、北極周辺に生息するネズミ科の動物のこと。

和名では「タビネズミ」とも呼ばれる、実在するネズミです↓

レミング

画像出典:Wikipedia

レミングといえば、「海に飛び込み集団自殺する」という逸話が有名。(※実際は、集団行動の際に一部の個体が事故で海に落ちてしまったことが原因。)

『グリジーとレミングス』の作中でも、レミングスが崖から落ちるシーンがたくさんあるのはこの噂が発端かもしれません!

おっさん熊グリジーの魅力

画像出典:YouTube

海外アニメのくまといえば『くまのプーさん』や『ぼくらベアベアーズ』など、無邪気でかわいいキャラが勢ぞろい。

大人もハマる!海外アニメ『ぼくらベアベアーズ』の魅力と激かわグッズを紹介カートゥーン・ネットワークで放送中の『ぼくらベアベアーズ(原題:We BARE BEARS)』。ピクサー出身のダニエル・チョン氏が原作を手がけ、第45回アニー賞受賞をするなど世界各国で話題となっている海外アニメ。グリズ、パンダ、アイスベアのクマ3兄弟が、人間社会に馴染もうとドタバタ劇を繰り広げる痛快コメディです。...
ツッコミ不在のボケ漫才!2011年版 映画『くまのプーさん』の感想(ネタバレあり)2011年に公開された映画『くまのプーさん(原題:Winnie the Pooh)』の感想・あらすじを紹介。ウォルト・ディズニー生誕110年を記念して製作されたプーさんの最新作です。プーとその仲間たちの止まらないボケと、プーが持つ天性の可愛さで、大人も子供も癒されるほのぼのムービー。...

しかし、『グリジーとレミングス』の主人公・グリジーは、どちらかというと見た目も中身もおっさんの熊。(性格は割と無邪気な一面もありますが)

声もかなり渋めで「かわいい」というよりは「いぶし銀」といったところでしょうか。

くたびれた寝相に↓

ぐっすり眠るグリジー

画像出典:YouTube

こんなだらしのない顔も↓

だらしないグリジー

画像出典:YouTube

たまにはかっこいい一面も見せますが・・↓

画像出典:YouTube

大体その直後に悲劇が訪れます・・(笑)↓

画像出典:YouTube

オーバーリアクションで表情豊かなグリジーの一挙一動にも、ぜひ注目してみてください!

ちなみに、同じくフランス発のアニメ映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(原題:Ernest et Célestine)』のくまも結構渋かった記憶があります↓

フランス版ジブリ?映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』の感想(ネタバレあり)映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(原題:Ernest et Célestine)』のあらすじ・感想(※ネタバレあり)を紹介。2015年に日本で公開され、アカデミー賞にもノミネートされたこの作品。ベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンが描いた『くまのアーネストおじさん』が原作です。...

そういえば、この作品もクマとネズミの話でしたね。フランス人はクマとネズミを絡めるのが好きなんでしょうか・・(謎)


視聴方法

 

最後に、『グリジーとレミングス』の視聴方法をまとめてみました。

テレビ放送局

海外アニメチャンネルのカートゥーン・ネットワークで放送中。(※2020年12月現在)スカパー!に加入していれば無料で視聴可能です。

※CNの放送日時・スケージュールはこちらで確認してください。

動画配信サービス

Netflix(ネットフリックス)で、シーズン1のみ配信中です。(※2020年12月現在)

YouTube

『グリジーとレミングス』の YouTube公式チャンネルも公開中。

人気エピソードが詰まった動画がたくさん配信されているので、気になる方はぜひチャンネル登録してみてください♪

DVD / Blu-ray

残念ながら、DVD・ブルーレイの発売は現時点ではないようです。(※2020年12月現在)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
グリジーのおバカさとレミングスのキュートさが炸裂したドタバタコメディ。全力でくだらないバトルに奮闘する彼らの姿は観ていて爽快です!

基本的にラストは落下オチで締め括られるのですが、意表をつく斬新な小ネタも多く「ベタな展開の中に光るセンス」が垣間見られます(笑)

こんなに面白くてかわいいのに、DVDやグッズなどの販売はしていない模様・・。もう少し世間の認知度が上がらないとダメなのでしょうかね〜(´-(エ)-`)

とにかく、何も考えずに頭をカラッポにして観れちゃうおバカ作品。子供だけでなく大人も一緒に楽しめちゃうので、親子で観るのもおすすめです♪

以上、フランスのコメディアニメ『グリジーとレミングス』のご紹介でした(´・(エ)・`)