くまの被り物ロックバンド『Teddybears(テディベアーズ)』の素顔を暴く!

くまのマスクをかぶった謎の3人組『Teddybears(テディベアーズ)』

険しい目つきに鋭い牙、黒いスーツに身を包んだ姿は、そのかわいい名前からまったく想像がつきません。

この怪しいくまの集団、実は世界で活躍する人気ロックバンド。

ただの色物バンドと侮るなかれ。楽曲もミュージックビデオも、かなりレベルが高い実力派アーティストなんです!

今回は、くまの被り物ロックバンド『Teddybears(テディベアーズ)』を紹介します(`・(エ)・´)ゝ

『Teddybears』とは?

北欧発の3人組ロックバンド

テディベアーズ画像出典:Facebook

『Teddybears(テディベアーズ)』とは、1991年に結成されたスウェーデンの3人組ロックバンド。

メンバーはこの3人↓

  • Patrik Arve(パトリック・アルヴェ) ・・・ボーカル、リードギター
  • Joakim Åhlund(ヨアキム・アーランド)・・・ドラム
  • Klas Åhlund(クラス・アーランド)・・・ギター

バンド結成のきっかけは、ストックホルムのアートスクールでパトリックとヨアキムが出会ったのが始まり。

その後、ヨアキムの実弟・クラスがバンドに加入し、1993年「Teddybears Sthlm」名義で1stアルバム『You Are Teddybears』をリリース。

2006年には、バンド名を現在の「Teddybears」に改名。今も現役バリバリで活動している実力派バンドです。

ちなみに、メンバーは顔出しNGというワケではなく、普通に素性を明かしています↓

画像出典:doc lounge.

左から、パトリック(Vo.)、ヨアキム(Dr.)、クラス(Gt.)。

くまのマスクをかぶり始めたのは「Teddybears」に改名した2006年以降からだそう。それ以前は、素顔でバンド活動をしていました。

こちらが、実物のくまのマスク↓

画像出典:Facebook

中に固定用のベルトが付いているんですね〜。意外と軽そうな素材を使っていて安心しました(笑)

・・とはいえ、すでに50歳を超えているテディベアーズのメンバー。マスクを付けながらのパフォーマンスは、端から見ていても結構つらそうです。。

バンドの特徴は?

画像出典:Facebook

恐ろしい熊のマスクを付けたテディベアーズ。

その奇抜な見た目から、ただのふざけた色物ロックバンドと思われがちですが・・侮るなかれ。

ロック、パンク、エレクトロニカ、ヒップホップ、ダンス、レゲエなど、幅広いジャンルを取り入れたユニークなサウンドは必聴もの!

日本では知名度が低いですが、海外では映画やドラマ、CMの挿入歌として引っ張りだこの楽曲ばかりなんです。

そんなテディベアーズの代表曲を少しだけ紹介していきましょう。

まずは、Iggy Pop(イギー・ポップ)とコラボした話題の一曲↓


キャデラックのコーマシャルにも起用された、キャッチーなロックチューン。

こちらは、Teddybears Sthlm時代の代表曲↓


シンプルなサウンドに軽快なラップを乗せたダンス・ポップ。この曲は、タイのコカコーラのCMで使用されていました。

先ほどの2曲とはガラッと雰囲気が変わったピコピコサウンド↓


ケミカルブラザーズっぽいテクノポップ。この曲も、カナダの携帯会社のコマーシャルに使われていました。

・・いかがでしたでしょうか。

ロックからエレクトロニカまで、どんなジャンルの曲も全てキャッチーに仕上げてしまうのがテディベアーズの魅力!

見掛け倒しのバンドかと思いきや(失礼)、結構いい仕事をするクマ集団なのでした(`・(エ)・´)

名前の由来は?

『Teddybears(テディベアーズ)』というバンド名の由来は、アメリカのポップグループ The Teddy Bears(ザ・テディ・ベアーズ)にインスパイアされて付けたそう。

ザ・テディ・ベアーズといえば、ビートルズの『Let It Be』(’70) などを手がけた名プロデューサー Phill Specter(フィル・スペクター)が1958年に結成したポップバンドです。

ザ・テディ・ベアーズの写真はこちら↓

画像出典:Wikipedia

ちなみに、テディベアーズがザ・テディ・ベアーズをオマージュしている写真なんかもあります(名前がややこしいな・・)↓

画像出典:Facebook

構図もアングルもまったく同じ!これは、確実に狙って撮っていますね。

あの人気バンドも兼任

テディベアーズのドラムを担当しているヨアキム・アーランドは、スウェーデンのロックバンド Caesars(シーザーズ)のギタリストとしても有名。

シーザーズといえば、iPodのCMで使用された “Jerk It Out” で一躍に有名になった人気バンド。

みなさんも一度は聴いたことがあるかもしれません↓


いや〜〜、めちゃめちゃ懐かしいですね!もう十数年前の曲になるのかぁ・・(遠い目)

おそらく、日本ではテディベアーズよりもシーザーズの方が有名だったのではないでしょうか。

ちなみに、ヨアキムの弟クラス・アーランド(テディベアーズのギタリスト)も、シーザーズのプロデュース業に関わっていたそう。

このアーランド兄弟、仲が良すぎやしませんかね(笑)

くま出演PVの紹介

ここでは、くまが出演しているテディベアーズのミュージックビデオを紹介!

映像の細部にまでこだわった、くま愛たっぷりのPVをご堪能あれ(`・(エ)・´)ゝ

“What’s Your Problem? (ft. Baby Trish)”


Major Lazerを彷彿とさせるような、アゲアゲEDM。

特に何をするでもなく突っ立っているクマさんたちがシュールです。

目が赤く光っているのがちょっと怖い・・。

“Cobrastyle (feat. Mad Cobra)”


くまのロックバンドに密着したドキュメント仕立てのPV。ファットボーイスリム感あるノリノリダンスチューンがかっこいい!

よく見ると、鮭の缶詰やくまボトルのハチミツなど、小道具もしっかり作り込んであります。

途中に出てくるクマのテレビゲームが面白そう!こんなゲームが本当にあったら即買いですね。

“Cho Cha (ft. Cee Lo & B52’s)”


ついつい見入ってしまうサスペンス調のPV。曲とピッタリ合った映像が素晴らしいです。

歯が生えた不気味なくまのぬいぐるみも、どこか可愛いらしく見えてしまう不思議・・(笑)

最後のオチまでたっぷり楽しめちゃう、秀逸なミュージックビデオでした!


まとめ

いかがでしたでしょうか?
その怖い見た目から「バリバリのギターロック!」というイメージが強かったのですが、いざ曲を聴いてみるとその多彩でボーダーレスな音楽性にびっくり。

こんなにキャッチーで万人ウケしそうなバンドなのに、日本での知名度が低いのはとっても残念です・・(泣)

以上、くまの被り物ロックバンド『Teddybears(テディベアーズ)』のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)