笑いあり!ホラーあり?写真集『愛されすぎたぬいぐるみたち』が教えてくれること

ボロボロのくまちゃんが表紙のこの写真集。

「あれっ!?ウチの子と同じだ!!」そう心の中で思ったアナタ(`・(エ)・´)!!

ぜひ、この本を手に取ってみてください。きっと、共感できること間違いありません!

今回紹介するのは、写真集『愛されすぎたぬいぐるみたち(原題:MUCH LOVED)』

その名の通り、愛されすぎたぬいぐるみたちをピックアップした、非常に稀有な写真集なんです(`・(エ)・´)ゝ

本の紹介

若干ホラー?「愛されすぎたぬいぐるみたち」の末路とは?

この写真集では、5歳〜104歳まで60体以上もの「愛されすぎたぬいぐるみたち」を掲載。

その写真と共に、持ち主のエピソードを添えて紹介されています。

なんといってもまず目に入るのは、ぬいぐるみたちのボロボロのビジュアル!

表紙を飾っているピンクのくまちゃんなんて、まだまだマシなほう。

目も鼻もなく、毛がほとんど抜けてしまったぬいぐるみはもちろん、キスされすぎて顔が真っ黒になっていたり、21年間一度も洗われていないツワモノまでも登場。

画像出典:MuchLoved

キスされすぎて顔が真っ黒になったくまちゃん。うーん、気持ちはわかります。。

中には、もはや原型さえとどめていない「布切れ」のようなぬいぐるみもチラホラ。

例えばこんな・・・↓

画像出典:MuchLoved

朝鮮人参・・ではありません(笑)

パッと見「ホラー?!」と思う人もいるかもしれませんが、写真一つ一つに添えられた持ち主のエピソードを読めば、その見た目の理由がわかるはず。

生まれた時からずっと一緒に過ごし、悩み事を相談したり、旅行に連れて行ったり、時には旅先で迷子になったぬいぐるみも。

ページをめくるたびに、どのぬいぐるみも持ち主からの深い愛情を一身に受け、共に成長してきた歴史が体に刻まれていることに気付くはずです。

気鋭の写真家が撮影する ぬいぐるみたちの「素顔」

本の著者は、アイルランドを拠点に活動している写真家のMark Nixon(マーク・ニクソン)

主に広告写真や肖像写真を手がけ、国際的な賞の受賞経歴もあるアーティストです。

マークが『愛されすぎたぬいぐるみたち』を撮影しようと思い立ったきっかけ。

それは、彼の息子カラムが可愛がっているピーターラビットのぬいぐるみが発端でした。

コチラが、息子のカラムが大切にしていたぬいぐるみ↓

画像出典:MuchLoved

かなり年期が入ってますね^^;

カラムは四六時中このピーターラビットを抱きしめ、毎晩一緒に寝ないと気が済まないほど溺愛。

そんな息子の姿を見て、マーク自身も幼い頃パンダのぬいぐるみに同じような想いを抱いていたことを思い出し、『愛されすぎたぬいぐるみたち』の写真を撮影しようと決心しました。

早速マークは写真を撮るために、お気に入りのぬいぐるみを連れてくるよう募集を開始。

はじめは、子供からの反応がほとんどだろうと思いきや、応募してきたのはなんと大人ばかり!

それだけ多くの大人たちが、今でもぬいぐるみを大切にしている現実を目の当たりにし、マークはとっても驚いたそうです。

あの人気テレビ番組で紹介され話題沸騰

マークは撮影した作品を自身のホームページにアップしたところ、なんと全世界から一ヶ月で150万、三ヶ月で450万ものアクセスが殺到!

アメリカ、ロシア、中国に留まらず、ペルー、アイスランド、アルゼンチン、そしてヨーロッパ中で瞬く間に話題になり、2013年に待望の写真集が出版されました。

コチラが洋書版↓

日本では、2015年に放映された『マツコの知らない世界』で紹介されたことにより、一気に知名度がアップ。

近年のぬい撮りブームもあってか、2017年6月にやっとのことで翻訳出版が実現しました。

ちなみに、この本の翻訳を手掛けた金井真弓さんも、20体以上のぬいぐるみと暮らす程の大のぬい好きだそう。

まさに、ぬい好きによる、ぬい好きのための本ですね(`♡(エ)♡´)

コチラが翻訳版↓

掲載されているくま達の紹介

60体以上ものぬいぐるみが紹介されているこの写真集。

くまだけに限らず、色んな種類のぬいぐるみが掲載されています。

その中でも、特に印象に残った「くま」を紹介していきます!

U2ボノの亡き友が可愛がっていたテディベア

アイルランドの超人気ロックバンドU2のボーカル、ボノ・ヒューソンのエピソード。

ボノと彼の妻アリ・ヒューソンの共通の親友だったグレッグ・キャロル。

交通事故により26歳という若さでこの世を去ったグレッグがとても大切にしていたのが、このくまのぬいぐるみ。年齢は不明。

画像出典:SankeiBiz

耳が片方ありませんが、比較的キレイですね。

ボノは亡くなったグレッグに捧げるため、“One Tree Hill”と言う曲を作曲。

ボノの妻曰く、この曲をグレッグのテディベアに聴かせると、彼はにっこりと笑うそうです。

Mr.ビーンでお馴染み 波乱万丈くまのテディ

イギリスのコメディ番組『Mr.ビーン』でお馴染みのくま・テディ。年齢22歳。

画像出典:SankeiBiz

ミスタービーンの大のお気に入りであるテディ。出かける時はいつも一緒。

クリスマスプレゼントをあげたり、テディが眠っている時は起こさないように配慮したり・・と、まるでテディが生きているかのように扱うビーン。

ビーンの深い愛情を受ける反面、首を取られたりペンキを塗る筆代わりにされるなど、しばしばひどい仕打ちを受けることも。

しまいには、コインランドリーで洗われて体が縮んでしまうハプニングもありました(笑)

私も小さい頃から大好きで、毎週欠かさず観ていたミスタービーン。

特に、テディが出る回は面白い話が多いんですよね〜。私がくま好きになるきっかけにもなった作品です↓

表紙を飾る への字口が可愛いピンクのテディベア

本の表紙を飾るピンクのテディベア。年齢24歳。

画像出典:SankeiBiz

持ち主が生まれた時から、ずっと一緒に過ごしてきたというテディベア。

あるクリスマスパーティの翌日。持ち主が目を覚ますと、なんとテディベアの体がバラバラに引き裂かれているという事件が発生!

取り乱した持ち主ですが、大おばさんに治してもらい、九死に一生を得ました。

なんだか『テッド』のラストみたいな話ですよね。

私も朝起きて、大切にしているくまのぬいぐるみが八つ裂きになっていたら気絶すると思います(笑)

犬が嫉妬するほど愛されていたテディ

持ち主のスザンヌに可愛がられていたテディ。年齢40歳以上。

画像出典:MuchLoved

スザンヌに嫉妬した飼い犬がテディに襲いかかり、もう少しで首がもげるところだったとか。

体にはその時の傷跡がチラホラあるのですが、スカーフで隠しているという健気なテディ。

私も犬を飼っていましたが、ぬいぐるみに対するワンちゃんの執着はハンパない!

大事なぬいぐるみが何度襲われたことか・・(笑)ぬいぐるみ達にとって、犬は脅威でしかなさそうですね^^;

この他にも、ユニークなエピソードを持つぬいぐるみたちが勢ぞろい。

微笑ましいエピソードからちょっと闇深なエピソードもあって、中々読み応えがありますよ!

番外編

最後のページには、自分のぬいぐるみを紹介できるページも。

自分の大切にしているぬいぐるみの写真を貼って、持ち主とのエピソードを書けるようになっています。

・・ということで、私の大事な相棒「まぁ」のプロフィールを書いてみましたよ!!



まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回この写真集を読んで、改めてぬいぐるみの存在の大切さを考えさせられました。

『テッド』のような映画が大ヒットする背景には、世界中で家族のように愛されているぬいぐるみがいるからなんですね。

最近、ぬいぐるみを主役として撮影する「ぬい撮り」がブームになっていますし、大人になってもぬいぐるみを愛する姿勢がもっともっと広まれば良いなぁ、なんて思ったり。

もちろん、私のように大人になってもぬいぐるみを可愛がっている人だけでなく、小さい頃のぬいぐるみを可愛がっていた人にもぜひオススメ!

読んだ後、昔お世話になったぬいぐるみのことを思い出してあげたら、きっと押入れや屋根裏の中の彼らも喜ぶのではないでしょうか。

以上、写真集『愛されすぎたぬいぐるみたち』のご紹介でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)