カリフォルニア発の中華レストラン『PANDA EXPRESS (パンダエクスプレス)』が日本上陸!

panda_express_front

全米で大人気のチャイニーズレストランが、ついに日本上陸!

2016年11月に川崎でグランドオープンした『PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)』

くまはくまでも、今回はみんな大好きパンダ(熊猫)です。

早速訪れてみたので、その感想を書いてみました(`・(エ)・´)ゝ

『PANDA EXPRESS』とは?

全米で大人気のチャイニーズレストラン

PANDA EXPRESS
画像出典:Panda Express

『PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)』は、1983年にカリフォルニア州で生まれたチャイニーズ・レストラン。

なんと世界各地で約1900店舗以上展開している、超有名な中華レストランです。

中華レストランと言っても、テーブルで単品をオーダーするわけではなく、ファーストフード店のようなデリスタイルで注文。

持ち帰りも可能で、アメリカではショッピングセンターやスーパーマーケットなどに出店している人気店です。

日本では、中華のファーストフード店って中々見かけないですよね。

海外ドラマなどで、中華のデリバリを食べているシーンを見ては、「食べてみたいな〜」と憧れていたのは私だけじゃないハズ(笑)

実は日本“再”上陸ってホント?

そんな全米で大人気のパンダエクスプレスが、ついに日本に上陸!

今回、日本第1号店として川崎にオープンしたパンダエクスプレスですが、過去に一度日本に展開していたというからビックリ!

実は、ちょっと前まで橋本サティ(神奈川)と神戸ハーバーランド(兵庫)に2店舗があったのですが・・。

あまり流行らなかったのか、どちらの店舗もあえなく撤退。

今回の再上陸は、満を持してのリベンジといったところでしょうか(`・(エ)・´)

川崎駅直結の好アクセス

場所は、JR川崎駅直結の商業施設『ラゾーナ川崎プラザ』

1Fのフードコート内に出店しています。

店名 PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)
住所 〒212-8576
神奈川県川崎市幸区堀川町72−1
TEL/FAX 044-874-8571
営業時間 10:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日 不定休(ラゾーナ川崎に準ずる)
HP https://www.pandaexpress.jp/

待ち時間はどれくらい?

行列

2016年11月オープンということで、まだまだ混雑が予想されるパンダエクスプレス。

私が訪れたのは、休日の午後3時頃。既に10人程の行列が出来ていました。

しかし、デリスタイルということもあり、列もスイスイ進むので、待ち時間は5分ほど。

休日のフードコートと思えば、大したことない待ち時間ですね。

とはいえ、休日のラゾーナ川崎自体がとにかく人でいっぱい!

ランチ時間などは避けた方が無難かもしれません。

注文方法はカンタン♪

注文方法はとっても簡単。

基本的には、主食(サイド)とおかず(メイン)を選ぶデリスタイルです。

まずは、容器のサイズを以下の中から決めます。

  • BOWL(ボウル)・・・1メイン&1サイド
  • PLATE(プレート)・・・2メイン&1サイド
  • BIGGER PLATE(ビッグプレート)3メイン&1サイド

次に、主食(サイド)が5種類、おかず(メイン)が9種類あるメニューの中から、それぞれ好きな料理を選びます。

これでおしまい。簡単ですね!

その他に単品で頼みたい人は、アラカルトメニューも用意されています。

お会計時にドリンクの注文も可。

お馴染みのペプシ、ジンジャーエールの他に、セブンアップやマウンテンデューもあるあたりがアメリカらしいですね。

個人的には、ウーロン茶などのお茶類もあればなぁ、なんて思いました。

気になる味は?

ボリューミーな盛り付けが食欲をそそる

私が注文したのは、コチラ↓
プレートサイズとボウルサイズ
向かって左が、プレートサイズ(2メイン&1サイド)

  • サイド・・・フライドライス
  • メイン・・・ブロッコリービーフスウィート&パンジェントシュリンプ

右が、ボウルサイズ(1メイン&1サイド)

  • サイド・・・チャオメン(炒麺)
  • メイン・・・オレンジチキン

ボリューミーな盛り付けが嬉しいですね!

見た目も色鮮やかで、食欲をそそります。

ドリンクは、ジンジャーエールとセブンアップを注文。

中華料理に炭酸ジュースって、あまり馴染みがないなぁ・・なんて思ったり。

サービスで、フォーチュンクッキーが付いてくるのが嬉しいですね。

賛否両論!味は濃い or 薄い?

まずは、サイドメニューの「フライドライス」をパクリ↓
フライドライス
うーーーん・・まずくはないのですが、如何せん味が薄い!

とてもさっぱりとした味付けです。

王将のチャーハンに慣れてしまっている私には、なんだか物足りず(笑)

ちなみに、グリーンピースが入っているので、苦手な人は気を付けましょう。

気をとり直して、チャオメン(炒麺)」に挑戦(チキンの下にあります)↓
炒麺

これも味が薄い!日本の炒麺に慣れていると、やはり物足りなさを感じます。

そして味が薄い割に、脂っこいです。

こちらには、セロリが入っていて珍しく感じました。

続いて、パンダエクスプレスの大人気メニュー「オレンジチキン」
炒麺とオレンジチキン
こちらは、結構しっかり味付けされていますね。

味は、鶏肉を酢豚にした感じ?甘辛くてまぁまぁ美味しいです。ちょっと味が濃い気もしますが・・。

このオレンジチキンは病みつきになる人が多く、オレンジソースも販売されているとか。

次に、ブロッコリービーフ」
ブロッコリービーフ
肉がジューシーで、ブロッコリーもシャキシャキしています。

この味は、日本人が好みそうな味ではありますが、ちょっと脂っぽい。

そして、やはり味が濃いめです。。

最後に、スウィート&パンジェントシュリンプ」
スウィート&パンジェントシュリンプ
こちらは、日本限定のメニュー。

エビチリをイメージしていたのですが、とにかく甘いです。

なんというか深みのある甘さではなく、とにかくド直球で甘い(笑)

そして、やっぱり味が濃い。

なるほど!サイドメニューの味の薄さの理由は、メイン料理の味の濃さに耐えるためだったんですね。。

アメリカ版中華料理と割り切るのが大事?

全体的にサイドメニューは味が薄く、メインメニューは味が濃い印象でした。

そして、なんといっても脂っこい。ドリンクに炭酸しかないのも頷けます。

とにかく、日本で食べる中華料理とは一味違う、なんとも不思議な感覚でした。

まぁ、日本のお寿司が海外では全然違う料理になっているように、このパンダエクスプレスもアメリカ版チャイニーズフードだと思えば、意外に楽しめるかもしれません。

強いて言えば、値段がもっと安ければ良いのですが、言う程安くないのが残念なところ。

日本では、安くて美味しい中華料理屋さんはたくさんありますからね〜。

話題性だけで終わらないよう、くま(パンダ)好きとしては、ぜひこれからも頑張ってほしいところです。

ちなみに、フォーチュンクッキーの内容はコチラ↓
panda_express_fortune_cookie
“YOU ARE A TRUE ROMANTIC”

フォーチュンクッキーを初めて食べましたが、甘くてとっても美味しいんですね^^ 料理の中で一番美味しかったかも!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海外で食べた事がある人には、懐かしい気分に浸れるかもしれませんね。思い出補正がない私は、「王将で良いかな〜」というのが本音です(笑)

味はともかく、海外ドラマの気分を味わいたいという方や、話題作りに行ってみるには良いかもしれません。

以上、『PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)』の感想でした(´・(エ)・`)

シェアする(´・(エ)・`)