ミュージック

【洋楽 / 邦楽】名前に「くま(Bear)」が付くバンド・アーティストを調べてみた


普段は、くまが出演しているミュージック・ビデオを紹介することが多い当ブログ。

今回は少し切り口を変えて、名前に「Bear(くま)」が入っているバンドやアーティストを徹底調査してみました!

たぶん、ほとんどの人が興味ないと思っているのは重々承知なのですが・・。

しかし、そこにくまが絡む限り、調べてしまうのがくま好きの性 (´;(エ);`)

今回は、洋楽・邦楽問わず、名前に「くま(Bear)」が付くバンド・アーティストを紹介していきます(`・(エ)・´)ゝ

洋楽編

The Teddy Bears(ザ・テディ・ベアーズ)

The Teddy Bears(ザ・テディ・ベアーズ)

画像出典:Wikipedia

ビートルズの名盤『Let It Be』のプロデュースを手がけたフィル・スペクターが、1958年にロサンゼルスで結成したポップ・グループ The Teddy Bears(ザ・テディ・ベアーズ)

代表曲でもある “To Know Him Is to Love Him(邦題:会ったとたんに一目惚れ)” が、全米1位を獲得。

活動期間は短いですが、名プロデューサーが作った伝説のバンドとして有名です。


Teddybears(テディベアーズ)

TeddyBears(テディベアーズ)

画像出典:Facebook

スウェーデン・ストックホルム出身の3人組バンド Teddybears(テディベアーズ)

ちょっと見た目が怖い感じもしますが、くまの被り物をかぶったビジュアルがトレードマーク。

バンド名の由来は、先ほど紹介したThe Teddy Bearsにインスパイアされたよう。

くまの被り物ロックバンド『Teddybears(テディベアーズ)』の素顔を暴く! くまのマスクをかぶった謎の3人組『Teddybears(テディベアーズ)』。 険しい目つきに鋭い牙、黒いスーツに身を包んだ姿は...


Grizzly Bear(グリズリー・ベア)

Grizzly Bear(グリズリー・ベア)

画像出典:NME

2004年に、NYブルックリンで結成されたインディーロックバンド Grizzly Bear(グリズリー・ベア)

同郷出身のVampire WeekendやMGMTのような、ブルックリンスタイルらしい個性的なサウンドが特徴。

あの迫力満点なグリズリーベアとは似ても似つかぬ風貌のバンドメンバーですが(失礼)、日本でも根強い人気を誇るバンドです。


Boy & Bear(ボーイ・アンド・ベアー)

Boy & Bear(ボーイ・アンド・ベアー)

画像出典:Facebook

オーストラリアのシドニーにて、2009年に結成された5人組バンド Boy & Bear(ボーイ・アンド・ベアー)

フォーク・ロックから民族音楽を取り入れたサウンドまで、幅広い音楽性を持つインディーロック・バンド。

残念ながら、日本では知名度が低いかもしれません。


Minus the Bear(マイナス・ザ・ベアー)

Minus the Bear(マイナス・ザ・ベアー)

画像出典:NME

2001年にアメリカ・シアトルで結成されたロックバンド Minus the Bear(マイナス・ザ・ベアー)

名前の由来は、70年代のアメリカドラマ『トラック野郎!B・J』に出てくるチンパンジーのベア君からきているそう。(くま、関係ないですね・・汗)

キャッチーなシンセサウンドと馴染みやすいメロディが印象的。

残念ながら、2018年に解散することを発表しています。


Poo Bear(プー・ベア)

Poo Bear(プー・ベア)

画像出典:billboard

アメリカの音楽プロデューサー Poo Bear(プー・ベア)。本名は、Jason Boyd(ジェイソン・ボイド)。

ジャスティン・ビーバーの大ヒット曲 “What Do You Mean?” をプロデュースしたことでも有名。

あの有名な黄色いくまと1文字違いのアーティスト名を名乗ったり、アルバムのジャケ写がデ○ズニーっぽかったりと、グレーゾーンを突っ走るプー・ベアさん。

4本指のねずみに訴えられたりしないのでしょうか・・。


Blackbear(ブラックベアー)

blackbear(ブラックベアー)

画像出典:billboard

アメリカ・フロリダ出身のラッパー Blackbear(ブラックベアー)。本名は、Matthew Tyler Musto(マシュー・テイラー・ムスト)。

ジャスティン・ビーバーのヒット曲 “Boyfriend” のライティングに参加したことで一躍有名に。

R&Bっぽさもありながら、チルアウト系のヒップホップも歌いこなす注目の若手アーティストです。


Panda Bear(パンダ・ベア)

Panda Bear(パンダ・ベア)

画像出典:Hostess

ポルトガル・リスボンに拠点をおいて活動する、アメリカ出身のミュージシャン Panda Bear(パンダ・ベア)。本名は、Noah Lennox(ノア・レノックス)。

ポストロックやサイケデリックなどの前衛音楽を特徴とする、Animal Collective(アニマル・コレクティブ)のメンバーでもあります。

実験的なサウンドと幻想的な世界観が魅力。私もお気に入りのアーティストです。


The Bunny The Bear(ザ・バニー・ザ・ベア)

The Bunny The Bear(ザ・バニー・ザ・ベア)

画像出典:激ロック

米・ニューヨーク州バッファロー出身のハードコアバンド The Bunny The Bear(ザ・バニー・ザ・ベア)

ウサギとクマの覆面を被った謎めいた二人組。

ウサギがデスボイス担当というのも衝撃ですが、クマのあまりに綺麗なクリーンボイスのギャップもたまりません(笑)


The 2 Bears(ザ・トゥー・ベアーズ)

画像出典:Facebook

自称・ガーナ共和国出身のエレクトロ・ダンス・ユニット。

くまの覆面をかぶって活動するハウスDJとして有名。

ちょっと雑な作りの着ぐるみが不気味です(笑)


Edward Bear(エドワード・ベア)

画像出典:Discogs

カナダのポップロックバンド Edward Bear(エドワード・ベア)

名前の由来は、A.A.ミルンの児童文学『クマのプーさん』から取ったそう。

バンド名の通り、可愛らしい声とサウンドで70年代に人気を博しました。


邦楽編

Base Ball Bear(ベース ボール ベアー)

Base Ball Bear(ベース ボール ベアー)

画像出典:Base Ball Bear 公式HP

2001年に結成された、日本の3ピースロックバンド Base Ball Bear(ベース・ボール・ベアー)

バンド名の由来は「”Baseball” と “Bear” をつなげた字面と語感が良い」という理由だけで、特に野球もくまも好きではないよう(泣)

青春ポップロックらしい、爽やかな疾走感溢れるサウンドが心地良いです。


BUZZ THE BEARS(バズ・ザ・ベアーズ)

BUZZ THE BEARS(バズ・ザ・ベアーズ)

画像出典:TOWER RECORDS

大阪で結成された3ピースバンド BUZZ THE BEARS(バズ・ザ・ベアーズ)

パンクキッズを中心に、人気を集めているメロコアバンドです。

日本語と英語をブレンドしたメッセージ性の強い歌詞にもご注目。


Howlin’ Bear(ハウリン・ベアー)

画像出典:fnmnl

韓国・釜山出身、現在は北九州市在住のトラックメーカー Howlin’ Bear(ハウリン・ベアー)

くまのお面をかぶって活動するアーティストの一人。

「サンプリングした声が熊っぽかった」という理由から、”Howlin’ Bear” というアーティスト名を付けたとか。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
探してみると、意外にたくさん存在していてびっくり!

しかし、バンド名の由来を調べてみると、どのアーティストも「熱烈なくまファン♡」というよりは「なんとなく語感が良いから…」という理由が多い印象でした(笑)

これからも、こまめに最新音楽シーンをチェックして「くま(Bear)」が付くバンドを探していきたいと思います!

以上、名前に「くま(Bear)」が付くバンド・アーティストのご紹介でした(´・(エ)・`)

こちらの記事もおすすめ

くま・テディベアの歌
【洋楽 / 邦楽】意外に多い?「くま」や「テディベア」を題材にした曲を一挙紹介洋楽・邦楽問わず、「くま」や「テディベア」を題材にした曲をご紹介。あの伝説のロックンローラーから平成の歌姫まで、くまについて歌われた曲を次々にご紹介していきます。...